6月ワークショップレポート

2017/06/29 Thu

「インプロinカフェコモンズ」第131回を、6月25日に開催しました。

今回のテーマは『成り切って遊ぶ~即興のシーン作り』。
参加してくださったのは、8名の皆さんでした。

少ない人数でしたが、その分、お互いが、じっくりたっぷり関わり合いながら遊ぶことができ、
とても温かい場になりました。
皆さん、ありがとうございます。

当日の配布資料に掲載している私の「今日の自己紹介」を載せる前に・・・、
今回、何年ぶりかで、配布資料の表面を半分書き直してみたので、ご紹介したいと思います。

★インプロで遊ぶ時間って、こんな時間です★
☆「今日の自分」で遊ぶ
 ~「今日呼ばれたい名前」を名乗り、目の前の人と「今日の自分」同士で出会い直し、互いの「今」を感じながら遊ぶ
☆「その場にいる全員」を大事にする
~どんな「自分」でもOK!がんばらなくてOK!
☆「どんな表現もOK!」
~「正解」はひとつではない。人の数だけ正解がある
「間違い」はない/「ダメ出し」なし!
☆「失敗」だらけ
~「未知」へのチャレンジ/失敗してもめげない(責めない)
成功しても威張らない/起こったことを楽しむ/失敗も楽しむ
失敗だらけのチャレンジをみんなで支える
☆「フィクションの世界」で思いっきり遊ぶ(連想・空想・妄想) 
~自分じゃない「何か」に成り切って、こころとからだを動かす
☆一緒に「つくる」(協働・創造)
~自分ひとりではできないことを、一緒につくり出す

※今日のランチ(定食)も、美味しかった!
IMG_0049[1]_convert_20170629063701


※続いて、私の「今日の」自己紹介です。
====================
運転免許を持たず、飛行機嫌いの私は、どこへ行くのも電車です。
移動時間のお供には、文庫本が欠かせません。
好きな作家を見つけると、むさぼるようにその人の作品ばかりを読み続け、
飽きると(または文庫本すべて読み尽くすと)、次の作家に乗り換える私。
ここ数年で、読み耽った作家は、
藤沢周平・隆慶一郎・宮部みゆき・浅田次郎・伊集院静・北森鴻・森博嗣
辻村深月・西加奈子・高田郁・柚木麻子・村田沙耶香・近藤史恵・・・・・・
今年は、今野敏の警察小説に、すっかりはまりこんでいます。
登場人物の「人間くささ」と「ぶれない志」の虜です。
オススメは「隠蔽捜査」シリーズ。
最近、インプロでシーンを演じる時、
この本の主人公・竜崎伸也に成ったつもりでいる自分に気づきます(笑)。
今野敏氏は多作なので、まだまだ暫く楽しめそうです!
今回のテーマは「成り切って遊ぶ」インプロ。
皆さんも成りたいキャラクターに思いっきり成り切って
フィクションの世界で遊んでいただけたら嬉しいです。
今日も本気でゆるゆると遊びましょう!!   ~鈴木聡之(すぅさん)~
====================
では、ワークショップのレポートをお届けいたします。
『 』は実施したメニュー(ゲーム名)
☆は、即興のタイトル(お題)
< >は参加者の皆さんのふり返り(アンケートの回答)
※は、ファシリテーター(すぅ)のコメントやルール説明です。

○第1部【互いの存在を認め合う】
『スケールライン』(全員で)
※カフェコモンズの空間に、0から100までの架空の目盛を設定し、質問を投げかけます。
参加者は、その質問に対する自分の「今日の気分」での回答を100段階で数値化し、
その目盛の場所に移動することで、「今日の自分」を表明していきます。
☆①今日のご機嫌は?/☆②今日の体調は?

『マニアックライン』(全員で)
※『スケールライン』のルールで実施します。自分だったら「100」の目盛りのところに
行きたくなるような「大好きなもの」「とても興味があること」(あるいは「0」の目盛りのところに行き
たくなるような「大嫌いなもの」「まったく興味がないこと」)をみんなに伝え、
その趣味嗜好・興味に賛同してくれるマニアックな仲間がいるかどうかを探していきます。

『嘘つき自己紹介』(円陣で)
※1人ずつ自己紹介をするのですが、
その際に本当のことを2つ、真っ赤な嘘を1つ語るようにします。
聴き手は、メモを取りながら聞き、どの話題が嘘なのかを考えていきます。

以下は、この日の参加者のついた「嘘」たちです(笑)。
「私は電車好きで、特に写真を撮るのが好きです」
「クラシックピアノを弾くのが趣味で、ラフマニノフの2番が好きです」
「中学・高校とテニス部のキャプテンでした」
「マイブームは、将棋です」
「知り合いの農家が作る有機野菜のおいしさにハマっています」
「旅先のBARでカクテルを飲むのが楽しみです」

<嘘ついたことを他の人に質問タイムの時につっこまれたらどうしようと、
ドキドキしました>

『タケノコニョッキ』(同)
※掌を合わせて「タケノコ」の形を作ります。
「タケノコ、タケノコ、ニョッキッキ!」の掛け声に合わせて、
手を4回上から下へと動かし静止します。(開始合図として)
→誰か1人が、両手を合わせて上に伸ばしながら「1ニョッキ」
→「2ニョッキ」「3ニョッキ」・・・とひとりずつ声に出してポーズをとっていきます。
言う順番は決めません。言うリズムも決めません。
もし2人以上声やポーズが重なってしまったら、「1ニョッキ」に戻ってやり直し。
人数分の数まで到達したら終了!
◇バリエーション(1)・・・声や動きが他の人と重なってしまったらゲームから抜けていき、最後の
一人になったら終了(勝抜きで実施)。
◇バリエーション(2)・・・最後のひとり(5人の時は「5ニョッキ」)になってしまった人も、声が重なっ
た人と同様にゲームから抜けていく。(積極的なチャレンジを促すルール)
◇バリエーション(3)・・・円陣で、左右両隣の人と掌を合わせた状態で実施する(左右の手は別々に動かす)。挙げた方の手(声)が誰かと重なってしまったら、そちら側の手だけがゲームから抜ける。

<『タケノコニョッキ』『同・両手ヴァージョン』、バリエーションを変えるとおもしろい>

<両手ヴァージョン、初めてやりましたが、
意図せず両手挙がってしまう人がでておもしろかった>、

<両手ヴァージョン、自分の意志と関係なくアウトになるのが楽しかったです>

<両手ヴァージョンは、1人でやるより他の人とかかわりがあり、複雑になっておもしろい>

★第1部を通しての感想
<人をスペックで判断するのではなく、存在そのものを受け入れるのは気持ちいいです。
存在そのものを受け入れることで、場の雰囲気が良くなるのはおもしろいです>

○第2部【成り切って遊ぶ①】
『イエスアンドサークル』(4人組)
※隣の人を、何かの「もの」に例えます。
例えられた人は、その例えを笑顔で受け入れ、その「もの」に成り切り、
そこにアイデアをちょっと付け足していきます。
(例)「あなたはヨットです。」「はい、わたしはヨットです。しかも古いヨットです。」→役割交代
◇「感情篇」・・・このゲームに感情を付け加えます。(例)「あなたは悲しい消しゴムです」
「はい、わたしは悲しい消しゴムです。誰も使ってくれないんです」
◇「プレゼント篇」・・・相手がそれに例えられたら喜んでくれそうな「もの」に例えてみます。 

<何度かやっているが、面白さがわからない>
※「面白いエクササイズ」というよりは、
「人にいきなり言われた設定を受け入れる練習メニュー」として実施しています。

『イエスレッツ』(2人組)
※2人の架空の関係性を設定します(例・2人は共に10歳で、よく一緒に遊ぶ同級生)
→Aさんが「○○しよう!」と提案→Bさんはどんな提案でも「いいね!」と受け入れる
→ふたりで「そうしよう!」(満面の笑みを浮かべ、拳を突き上げながら「そうしよう!」
→ふたりで、その○○の動作を演じる(やり方は、自分流でよい)
→Bさん「そうだ、△△しよう!」→Aさん「いいね!」→ふたりで「そうしよう!」
→ふたりで△△を演じる→この繰り返しです。
☆2人組の年齢
 ①5歳同士 ②14歳同士 ③15歳同士 ④80歳同士

<80歳のおばあちゃんになってやると、時間の流れがゆったりとしてました。
「車いすに乗りましょう」なんて、普段思いつかないから、楽しかったです>

<『イエスレッツ』は、今まであまりやりたいワークではなかったが、
年令や状況が設定されて、やりやすかった>

『イエスレッツ・全員ヴァージョン』(全員で)
※「全員の共同作業」を、架空のタイトルとして設定し、ひとりが「○○しよう!」と提案します
→「いいねぇ!」と受け入れる→一緒に○○の動作をする
→○○をしながら、次にやることを提案する。「△△しよう!」→「いいねぇ」→繰り返し
→提案を受け入れたくない人は、そっと離脱
→離脱者は気にせずに、賛同者を大事にして、さらに提案を続けます
→賛同者がいなくなったら(一人残ったら)終了です。
☆全員が9歳。仲良く遊んでいる同級生グループ

『何やってるの?』(3人組)
※一人目の人が初めに演じる動作を決めてスタートします。
(例)「歯を磨く」・・・歯を磨くシーンを一人目が演じる→二人目が「何やってるの?」と尋ねる
→一人目は「歯を磨く」以外の回答を考えて伝え、演じるのをやめる(例えば「空を飛んでるの」)
→二人目は、自分なりの「空を飛ぶ」シーンを演じる→三人目「何やってるの?」→繰り返し
◇ルール追加①・・・キャラクター設定ヴァージョン 
それぞれのキャラクターを決めて、架空の設定の中で「何やってるの?」を実施する
  (例)全員がある年齢の人/全員がある同じ職業/各自が自分のキャラクターを決める 等
◇ルール追加②・・・感情追加ヴァージョン
「何やってるの?」→「泣きながら。歯を磨いているの」「るんるん気分で、釘打ってるの」のよう
に、動作の前に感情をつけ足す。動作と感情は脈略無く、無関係でよい。
  
『解決社長』(3~4人組)
※1人が社長役。他の2人がトラブルを持ち込む社員。(あとで役割を交代する)
(例)〔社員A〕「社長、大変です!我が社の○○でトラブルが…」
→〔超ポジティブな社長〕「それはちょうどいい!」~これは決まり文句です~
「そのトラブルは、・・・のように解決すれば、むしろ我が社にとっていいことじゃないか!」
→〔社員2人〕「さすが社長!」~これも決まり文句です~
「・・・すればよろしいんですよね。ではさっそく・・・」
→〔社員B〕「社長、だめです!大変です!・・・・」→繰り返し
  社長はどんなトラブルが持ち込まれても「それはちょうどいい」と言いながら解決策を示す。
社員はそれがどんなハチャメチャな解決策でも「さすが、社長!」と絶賛し、
その策の具体化に向けて「・・・すればよろしいんですよね」とフォローする。
そのフォローもハチャメチャでOK。
◇ルール追加・・・社長のキャラクターを社員が決めてからスタートする。
(社長のプロフィールを、社員役が勝手にいくつか決める。社長はそれに成り切ってみる)

<マイナスの事を、プラスに切り替える考えが良い>

<はちゃめちゃな解決策しか言ってないんだけど、「さすが社長!」って言ってくれるので、
次々と言うことができました>

<社長になるのが苦手ですが、今回チャレンジしてみました。
どんな答えでも皆さんが受け入れてくれる嬉しさ、楽しさを実感しました>

★第2部を通しての感想
<別人格になるのは楽しいです。何を言ってもいいので、自分のつまらない判定(基準)を外して、
本当の自分の姿がちらちら見えるのはいいですね>

<『イエスアンドイエ~イ』まで行きたかった。残念>
※『イエスアンドイエ~イ』というプログラムも予定していたんですけれど、
時間の関係で、実施できなかったんです。すみません!

★休憩(ケーキ&ドリンクタイム)
邵ヲ0050[1]_convert_20170629065857

※今日のスイーツは、初めての食感と味のチーズケーキ。なんと豆腐が入っていました。
さらに、お皿の上には、プリン、キウイ、パイナップル、サクランボ・・・。
見た目の美しさも、味も抜群でした。

<コーヒー風味の豆腐チーズケーキ、とても美味しかったです。
いつもケーキの時間、楽しみにしてます>

<ケーキ、とてもおいしかったです。
次回はランチor懇親会も参加させて下さいませ>

○パフォーマンスタイム
『スーパーヒーロー』
【出演】チーム双龍居(タカピー・くり・すぅ)
※1人が「悩む人」、あとのメンバーが「お悩みを解決するスーパーヒーロー」という設定。
→事前に観客に小さな用紙を配り、思いついた「単語」を書いてもらっておきます。
→1人が「悩み」ながら、その用紙を1枚引きます。もしそこに「りんご」と書いてあったら、
スーパーヒーロー「りんごマン」を呼ぶのです。
「りんごマン」が登場し、りんごマンらしく、お悩みを解決しようとするのですが、
うまくいかないで、追い返されます→次のヒーローを呼ぶ→繰り返しです
→お悩みが解決したら (あるいは、時間制限を設け、時間が来たら) 終了!
(「悩む人」役・・・タカピー/スーパーヒーロー役・・・くり&すぅ)
☆お悩み「ランチタイムにどこで何を食べるかが決められない」
(しかも好き嫌いが激しく、所持金は300円・・・)

★観てくださった皆さんのコメント
<全然助けてくれる気のないアンパンマンに笑いました。
山火事マンがまさかの解決、よかったです>

<どんなお題でも、最後はまとまっていて、とても良かったです>

<そのうち自分も参加してみたいです>
※稽古は「インプロinカフェコモンズ」の日の朝10時からやってます。
ぜひおいでください。
IMG_0048[1]_convert_20170629063553
~今日の稽古参加メンバーたち~

○第3部【成り切って遊ぶ②】
『宇宙人探し』(全員で)
※全員がゆっくり無言で歩き回ります。
地球人の中に地球侵略を企む宇宙人が数人紛れ込み、
地球人のふりをして一緒に歩いているという設定です。
(宇宙人役は、事前にこっそり決めておきます)
→地球人役の人々は歩きながら、宇宙人を探します
→時間を見計らって歩くのをストップし、
挙手制で「○○さんが宇宙人だと思います」というように、侵略者を摘発していきます。
正体がバレてしまった宇宙人は退場。地球人を宇宙人呼ばわりしてしまった者も退場。
すべての宇宙人が摘発されたら(または宇宙人だけが残ったら)終了です。
☆2回目は「宇宙人」の代わりに「吸血鬼」で実施しました。

『ウインクキラー』(全員で歩き回って)
※今度は、善良な市民の中に「キラー」が交じっています。
「キラー役」にウインクされたら、黙って10歩歩いた後に「やられた」「ウッ!」などと声を発して、
その場にダウンします。「キラー役」は、そうやって、みんなをダウンさせたら勝ちです。
「キラー」が自分以外の誰かにウインクしているのを目撃したら、
次に「キラー」と目が合った時に、ウインクされる前に、舌を出せば、
「キラー」をやっつけることができます。

<人数がもうちょっと多い方が楽しいかな>

<『宇宙人探し』が見つかる気、全然なかったのに、一発で当てられてしまい、くやしかった!
なんでバレたんだろうって今でも思ってます。
でも、そのくやしさを『ウインクキラー』ではらせたので、すっきりしました>
※この日の「キラー」役は、くじ引きで決めたのですが、見事全員を悩殺してしまいました。

『職業当て』(3人組)
※1人が、会場の外へ出ている間に、その人の「職業」を決めま(例えば「パイロット」)。
その人が「ああ自分はパイロットなんだ」と気づくことができるようなシーンをつくっていきます。
(素早く正解に導くというよりは、制限時間いっぱいまでは、
当たりそうで当たらない状況での婉曲的な表現を楽しむ)→役割交代

『天使と悪魔』(全員で)
※全員が2列に分かれて向かい合います。
その列に挟まれた道を、1人の主人公(2つの選択肢の間で悩んでいるという設定)が、
両サイドから次々に囁きかけられる正反対の2つの声
(葛藤する自らの頭の中の「天使」と「悪魔」の声)を聞きながら、ゆっくり歩きます。
主人公は道を通り抜けたら、どちらの選択肢をとるのか、
どんな投げかけに心が動いたのかを皆に表明します。
☆25歳年上の女性との結婚問題に悩む(彼女は母ちゃんと同い年)

『主役ゲーム』(3人組)
※1人の悩める主人公に、あとの2人がかわるがわる話しかけます。
(2人は正反対の立場です)
主人公は両方の意見を聞いて、最終的にどうするのかを表明します。
☆①盗んだ自転車で帰省してきた貧乏学生。母は帰省を喜ぶが、父は追い返そうとする・・・
☆②夫と、愛人から改めて口説かれる女性。どちらを選ぶのか
☆③今夜の懇親会に参加するかどうか悩む男。(リアル~笑~)
☆④親代わりに育ててくれた兄貴と、行きつけの飲み屋のママ。
人生へのアドヴァイスが正反対・・・、等、各グループで設定を決めて遊びました。

<「懇親会に参加するか悩んでいる人」を「すぅさん」に成り切って説得できて、
気持ちよかったです>

『数字deドラマ』(2人組)
※2人の関係性を設定し、2人でシーンを演じます。
声に出すのは、1~30までの数字を順番に言うだけ。
1でシーン(会話)がスタートし、30でエンディングを迎えます。
☆①何か買ってとねだる駄々っ子と、買う気のない親。
☆②久々のデートのカップル。一人はウキウキ、もう一人は別れ話をしに来ている。

<別れたい人、別れたくない人のカップルを行いました。
日常ではないことを、数字を使っているので、思い切ってやれる楽しさを味わいました>

<自分じゃない「役」だと思うと、ケンカもやりきれました>

<言葉がなくても、こんなに表現できて楽しめるんだと思いました>

<最後、(駄々っ子役で)欲しいものを手に入れたかったです。
まだまだ気持ちを伝えるのが苦手かもしれません>

★第3部を通しての感想
<言語を使わなくても気持ちは伝わる。
むしろ使わない方がストレートに伝えられるのかも、と思いました>

★全体を通しての感想
<毎回、清々しい気持ちになります。雨が降ってジメジメしていますが、心はさっぱりです>

<全体的に、成り切ることが楽しいと思えるところまで、到達できなかった>
※成り切りたいキャラクターは、今回の設定以外のところにあるのかも知れませんね!

<今日は人数も少なく、いつもとちがった感じでまた楽しかったです。
チーム分けも2組とかが多く、もう一方のチームがどんなことをやってるのか、気になっちゃいました>

<とにかく笑って、楽しんで過ごすことができました。「遊び」ました。
皆さんのおかげです。ありがとうございます>

遊んだね~!!
 ~今日もよく遊んだなぁ~

★今後の「インプロinカフェコモンズ」へのご意見・ご要望
<また楽しいプログラムをお願いします>
※次回のインプロinカフェコモンズは、7月23日(日)に開催します。
テーマは、「察する・委ねる」。
年2回実施し続けている「言葉に頼らない即興表現」で遊ぶワークショップです。
「ノンバーバル」な時間も楽しいですよ!!ぜひまた遊びにいらしてください。

その後の日程・テーマは下記のとおりです。
ご都合、ご興味に合わせて、いつでもお気軽に足をお運びください。

8・27「子どもたちとの現場で実施している即興表現で大人が遊ぶ」
9・24「音で遊ぶ」
10・29「架空の感情表現で遊ぶ」
11・26「インプロパーティー2017」
12・24「妄想で遊ぶ」 
~7月・12月以外は、その月の最終日曜日です。

ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah@ezweb.ne.jp  080-6598-0878 鈴木聡之まで
ご連絡ください。

※インプロinカフェコモンズのHPも、ぜひ覗いてみてください。
http://impro-commons.jimdo.com/ 

これからも「大人の遊び場」を開き続けていきます。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之
運営スタッフ一同
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

インプロinカフェコモンズ

Author:インプロinカフェコモンズ
開放的で、ポジティブで
心地よいコミュニケーション
自分らしい自己表現を楽しむ
ワークショップ

≪今後の日程とワークのテーマ≫


2017年 
 8月27日(日)
 「子どもたちとの現場で実施している
即興表現で遊ぶ」

 9月24日(日)
 「音で遊ぶ」

10月29日(日)
 「架空の感情表現で遊ぶ」

11月26日(日)
 「インプロパーティー2017」

12月24日(日)
 「妄想で遊ぶ」 
 
~12月以外は、
その月の最終日曜日です。

【ワークショップの時間】
 13:30~18:00

~11月のパーティーは、
 13:30~20:00

【参加費】
 一般 3000円
 学生 2000円
(ワンドリンク&ケーキ付き)

~11月のパーティーは、
 4000円
(ケーキ&お茶/食事&ワンドリンク付き)
 
こちらにもぜひ ↓↓↓
・ランチタイム(12:00~13:00)
  シェフお任せメニュー
  定食750円
  軽食500円

・懇親会(ワークショップ後)
  ※値段は下記参照
 乾杯コース
   500円(1drink)
 わいわいコース
  1800円(1drink+お食事)
 ほろ酔いコース
  2200円(2drink+お食事)
   ※3杯目以降はキャッシュ

★開催場所
カフェコモンズ
http://cafe-commons.com/
〒569-0814
 大阪府高槻市富田町1-13-1
   ウエストビル5階
TEL/FAX: 072-694-3607
MAIL: info@cafe-commons.com

◇アクセス
JR京都線「摂津富田」 または
阪急京都線「富田」より徒歩2分
 大阪・梅田、京都・河原町より
 JRまたは阪急で約25分。
 JR高槻・阪急高槻市の隣駅
 (普通各駅電車のみ停車)

JR「摂津富田」駅と
阪急「富田」駅をつなぐ商店街の、
阪急の線路近く、
ドトールコーヒーや松屋の
向かい側にある、
1階にファミリーマートのある
ビルの5階です。

ファミリーマート横の路地を入って、
すぐ左にあるらせん階段を昇り、
2階から
エレベーターにお乗りください。、

※駐車場はありません。
 お車でお越しの方は、
 近隣のコインパーキングを
 ご利用ください。

◇場所が分からない場合は、
 お気軽にお店にお電話を。
 スタッフが1分でお迎えに
 伺います!!

★定員 先着30名

★お申込みは、
鈴木聡之の携帯まで
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878

ランチをご希望の方は、
お申込の際に、
定食、軽食、いずれをご希望かを、
お申し出ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR