12月ワークショップレポート

2014/12/23 Tue

12月21日に、インプロinカフェコモンズ第101回を開催しました。

11月に100回目を迎えたコモンズインプロですが、
今後も変わらず、丁寧に場作りを続けていきたいと思います。

12月のテーマは、『想いを共有して』。
参加者の皆さんの、それぞれの「今日」の想いを受けとめ合いながら、
即興で表現し合っていきました。

参加してくださったのは、初参加1名を含む14名(+懇親会から参加1名)の皆さん。
スタッフは、そん、すぅの2名でした。
いつものように、ワークショップのレポートをお届けします。

『 』は実施したメニュー(ゲーム名)
☆は、即興のタイトル(お題)
< >は参加者の皆さんのふり返り(アンケートの回答)
※は、ファシリテーター(すぅ)のコメントやルール説明です。

○第1部【互いの存在を認め合う】

『今日の妄想』(円陣)
☆朝、起きたら朝陽がきらめく、とてもさわやかな空気の中にいました。
そこは、どこですか?
※今回も「妄想」からワークをスタートさせました。
妄想は、本当に人それぞれ。その多様さが、インプロの場らしくて、
気に入ってます。

<今日は何だか、気楽に妄想が楽しめました>

<妄想は自由なのでおもしろいです。他の人の妄想を聞くのもおもしろいです>

<妄想で、みんながどんなことを感じて、思っているかわかっておもしろい>

<今の自分の想いが素直に出たと思いました(笑)>

『漢字一文字アイスブレイク』(個人作業→歩き回って→ペア)
☆今日の自分を表す漢字は、何ですか?
※「今年の漢字」ではなく「今日の漢字」をB5の用紙に書き、
全員で歩き回りながら見合った後、2人組でおしゃべりしました。

<漢字一文字でも、その日のその時の思いや気分をうまく表現できるのだなと思いました。
逆にそのように濃縮することで、自分の思いを意識するのかもしれません>

<2人1組でお互いの出し合った漢字を組み合わせてチーム名をつくったのも、
楽しかったです>

<投げかけられることによって、文字が変わるね、とペアの人と話をしました。
例えば「今の時間」「今日一日」「今年」>
※はい、そうですよね。この日、私は「今」にこだわりたかった。
ここ数年、世に発表される「今年の漢字」がつまらないことへの抗議(?)でもありました。

『ペアdeムーブメントパス』(ペア→円陣)
※おしゃべりしたペアが、2人のそれぞれの漢字を活かした
「ユニット名」と「ユニットのポーズ」を考え、披露し合いました。
例えば、偶然「散」という同じ文字で今日の自分を表したお二人のユニット名は
「チルチルミチル」でした。

『カウントアップ~名前回し』(円陣)
※時計回りに順番に番号をカウントアップ(1~14)
→アトランダムにカウントアップ(1人1回一筆書きで)
→そのカウントアップしたルートで、数字ではなく名札の名前を呼び合う
→2倍速→逆回り→別ルート

<みんなの名前が知れたり、顔を合わせることができた>

<おもしろかった。頭の中が活性化した感じでした>

『ミーティング・グリーティング』 (全員で歩き回りながら)
※いつものように「自分の名前→相手の名前→握手and一言」を
全員と交わしました。

<2人のことを伝え、聞き合うのがフリーでできるのがいいなと思う>

★第1部を通してのふり返り
<おもしろかった>

○第2部【想いを共有して①】

『ナイフとフォーク』 (ペア)
※2人で相談せずに(声を出さずに)体を動かして、出題されたタイトルの形になっていきます。
例えば「ナイフとフォーク」なら、2人は、互いの動きをよく見ながら、ファイブカウントの間に、
相手のアイデアを察し合いながら、ナイフとフォーク1本ずつになるように身体を動かします。
ストップモーションで、互いに「ナイフとフォーク」になっているかどうか確認しますが、
ナイフ2本orフォーク2本でもOK。同じものになった時の「譲らない」意志も「譲る」という結論も、
喋らず、身体を使って表現し合います。
☆ナイフ&フォーク/兎&ライオン/薔薇の花&花瓶/ドレス&マネキン
/褒められて照れる5歳&褒める幼稚園の先生/説教する高校教師&不貞腐れる17歳 など

『同・感情サポート編』(同)
※タイトルは主役1人分しか提示せずに実施します。
どちらが主役になるのか、もうひとりはどんな脇役になるのか、
即興の身体表現で伝え合います。
☆中学3年生卒業式前日の告白/パートナーの浮気を疑う45歳
/我が子の遅い帰宅に怒る50歳 など

<今日はいつも(の「ナイフとフォーク」)以上に、相手の方を意識していたように感じました>

<今日初めて両方とも譲らなかった場面があり、それはそれでいい感じだった>

『写真の人』(4人組)
※今度は4人で相談せずに(声を出さずに)動いて、
ファイブカウントの間に、出題されたタイトルの「写真」に写っている「人」になり静止します。
☆お見合い開始/凶悪犯人逮捕/担任教師激怒/百歳の誕生日おめでとう など

『同・感情サポート編』(同)
※4人が1回ずつ(「喜」「怒」「哀」「楽」どれかを選んで)主役になり、その感情でポーズをとり、静止します。
他のメンバーは、素早く(3カウント内に)、その場面にストップモーションで加わっていきます。
その時、最初に入った人の感情を活かし、あくまで、その人が主役として輝くように心がけます。

『感情彫刻』(同)
※再度1人ずつ主役になりますが、今度は感情は、主役が自分で選択します。
実際に感じた感情でも、フィクションでもOK。

<ペアでやるのは、少し照れもあるが、4人組になると大胆にできる>

『プレゼントゲーム』(新しいペア)
※Aさんが、Bさんに、プレゼントを渡します。(例)「これ、プレゼント!」
何を渡したのかは言わずに、大きさや形、重さなどを身振り手振りで伝えながら渡します。
→Bさんが、そのプレゼントが何なのかを決めます。
(例)(喜んで受け取りながら)「ありがとう!こんな素敵な○○」
→そのプレゼントについて、Aさんが何かひとつ描写します。
(例)「そうそう、この○○、~~なんだよ」
→その描写を受けて、Bさんが、さらにひとつ描写します。
(例)「ほんとだ、ほんとだ!すごく、~~だね。」
→Aさん、Bさん、役割を交代して繰り返します。

『同・プレゼント編』(同)
☆相手が喜んでくれそうなものを渡す
※やはり、何を渡したのかは言わず、プレゼントします。
そのプレゼントが何なのかを決めるのは、
受け取った方なのですが、渡す側は、相手が喜びそうなものを、思いを込めて渡します。

<相手の反応を受けとめて答えるおもしろさ、豊かな発想力、楽しかったです>

<自分が思っていたものと同じものを、相手の人が言ってくれたとき、すごく嬉しかったです。
でも、違っていても、「そっちか~」と思えて、楽しくできました>

<もらうのも、あげるのも、本当のプレゼントみたいないろんな制約がなく、
嬉しい気持ちだけが残るので、好きです>

<自分が思っていないものを言われた驚きや、一致した時の嬉しさがおもしろかった>

<自分が考えていたプレゼントとは違うものを言ってもらえて、
それも楽しかったです>

★第2部を通してのふり返り
<相手を見る大切さに気づくことができた>

○パフォーマンスタイム
【出演】チーム双龍居(かおりん・がんちゃん・くり・タカピー・すぅ・かぜのすけ)
※先月の100回記念パーティーでの「双龍居」のパフォーマンスを観て、
「私もやってみたい!」と、かぜのすけが、メンバーに加わってくれました。

『シェアードソング』(かぜのすけ以外の5人で)
☆感情→穏やか/どんな時に「穏やか」な気持ちになるか→休みの日の午前10時

『主役回し』(6人で)
☆最初の主役→かぜのすけ/場所→雪原
※途中から、雪原に出現した「雪男」(タカピー)に主役が交代しました。

<今日もまたすごく楽しませて頂きました>

<全員で何かを創りあげること、そこには失敗がないので、
参加することそのものに意義があることを感じることができました。
自分が居ることだけでOK、素敵です>

<おもしろかった>

<即興の劇は予想していなかったことが起こっておもしろい>

<雪男さん、おもしろかったです>

※ここからは演じた皆さんのふり返りです。
<ドキドキしながら楽しんだ>

<アイデアを生かして、エネルギーを持って、
同じチームメイトや見ている人達と共にこれからもパフォーマンスをしていこうと思う>

<ごちゃごちゃ考えずに、提案をそのまま受け入れて、のっていく方が、自分もらくだし、楽しい>

○第3部【想いを共有して②】
『妄想エイトカード』 (個人作業→3人組)
※ひとりひとりに、8枚の白紙のカードを配ります。
→各自が、この日の「妄想」のテーマを決め、自分への質問を考えます。
☆テーマの例
○今の自分の人生に欠かせない「もの」「ひと」「場所」「時間」とは?
   ~「食べ物」も「仕事」も「趣味」も「夢」も「価値観」も、全部リストアップして比べてみる
○もう二度と食べられなくなってしまうと考えたら、切なすぎる食べ物は?
○交際相手にもっとも求めたいこととは?
○いい女(いい男)の条件とは?
○今、もっとも旅したい場所は?
○生まれ変わったら成りたいものは?
→各自が、その質問に対する答えを8つ考え、カードに書き込みます。
(例)Q.「自分の人生に欠かせない大事なものは?」A.「家族」「チョコレート」「カラオケ」「恋」・・・
→カードをシャッフルし、2枚ずつめくって、より大事なほうを残していきます。
(例)「家族」と「カラオケ」なら、「家族」/「チョコレート」と「恋」なら「チョコレート」というように)
→8枚のカードをトーナメント出場選手に見立て、決勝戦までトーナメントを進めていきます。
(例)「家族」と「チョコレート」で決勝戦。残ったのは・・・?)

<『妄想エイトカード」初めてでしたが、今の自分の思っていることがわかって楽しかったです>

<テーマを変えて、自分ひとりで楽しめるだろうと思うけど、
3人でシェアしながら決めていくのは、面白いな~!面白いです>

<他の人の「エイトカード」をすると、自分にはない視点があって、
そこから選んでいくという楽しさを感じました>
※ワークの中で「3人組の他の人が作成したカードを借りて、自分の基準でトーナメントをしてみる」
という楽しみ方が新たに生まれたのです。おもしろかった!

<「エイトカード」は、自分がワークをする時にも、時々使っていて、
来年も使うつもりにしていたので、進行の参考になりました>

<とっても楽しく体験しました。いろいろな教員向けのワークショップでも、
この手法を応用させてもらえそうだと感じました>
※ぜひ活用なさってください。「エイトカード」実施までに、
安心して語れる場をどうつくるかがポイントだと思います。

『アイアムゲーム・ドラマヴァージョン』(3人組)
※1人が「私は○○です」と言いながら、ドラマの主役(例えば「探偵」)のポーズで静止します。
→2人目、3人目は、その「探偵」が主役のドラマに、登場しそうな脇役になって加わっていきます。
(例)2人目「私は探偵の助手です」/3人目「私は探偵の行きつけのバーのママです。
→1人目(「探偵」)は、「助手」「バーのママ」のどちらかを次の主役に指名。
→指名された主役以外の2人は、シーンから居なくなります。
→次の主役が「私は○○です」→繰り返していきます。

<どんどん話が展開されていって、つじつまが合わない時もあったりして、笑えました>
※「つじつまを合わせなければいけない」という既定概念を取り払うことができると、
インプロは、よりいっそう楽しくなるのではないかと思います。

『アイアムゲーム・ドラマヴァージョン』(全員)
※3人組でつくった静止画の中から、1つずつ披露し合い、
そのシーンに参加者全員で加わっていきました。

<全員ヴァージョンが、楽しかった>

『妄想サポート』(全員)
☆生まれ変わったら成りたいもの
(例)ゴルゴ13/天海祐希
※今度は、1人(主役)が、自分が「生まれ変わったら」なってみたい状況を妄想し、
ポーズをとります。そこに参加者全員が、脇役となって加わっていきました。

<全員の時、何気ないような人の登場がおもしろかった>

『言葉のシャワー』(円陣)
※最後に、全員で車座に座り、その真ん中に坐った人がリクエストした『言葉』を、
全員で声を重ねて、その人に「言葉のシャワー」としてプレゼントしました。
(例)「お疲れ様」というリクエストワードだったら、「お疲れ様」「お疲れ様」「お疲れ様」
・・・というように、1人ずつ言葉を重ねていきます。
アイコンタクトで同時に音を止めたら、全員で声を合わせてもう一度ゆっくり
「お~つ~か~れ~さ~ま~!」      

<『言葉のシャワー』、ありがたかった>

<声の力を感じました>

<やったことがなかったので、初めて体験して、いい気持ちになることができた>

<『言葉のシャワー』は、いつも参加させて頂けるときは、すごくパワーを頂きます>

<このやり方は初めてで、自分で言葉を選んでするのは、いいですね>

★第3部を通してのふり返り
<自分というものがうっかりでてしまった>

<まずはシーンに飛び込んでみること。失敗は存在しないのだから、
そこで起こったことを楽しめばよいと思う>
※フィクションの中では、もっと気楽に「失敗も楽しんじゃう」ことができたらいいと
思うのですが如何ですか?

★全体を通してのふり返り
<気楽な気持ちでワークをすることができて、楽しんで参加することができた。
いつも気を張っていたように思う>

<今年一年、すてきな時間をありがとうございました。
また来年も日程が合えば、参加させていただきたいと思います>

<この人数、とてもゆったりできて好きです>

<すぅさんが、いろんな場所で(小学校など)インプロをしていっているというのを聞いて、
いいな~と思って聞いていました>
※ぜひ(学校や地域に)呼んでください!

<この前、(職場の)研修の前に、発言の順番を決めるために「負けジャンケン」をやろうとして、
1回目は「月曜日の朝からするな」と拒否られましたが、2回目は「脳トレ」と言ったら、
素直にみんな受け入れてやってくれた。誘導するやり方もあると思いました>
※体を使うプログラムに抵抗のある方、あるいは仕事場で「遊ぶ」ことに抵抗のある方は多いと思うので、
プログラムに誘導するために、目的を明確に伝えることは必要でしょうね!

<トイレの(入り口の)ドア、閉まるようにしてほしい。
女子ははずかしいです>
※ご指摘、ありがとうございます。検討します。(カフェのスタッフにも伝えました)

<ゆる~い感じでお願いします>
※了解です。ゆるさはコモンズインプロの肝のひとつだと思っています。大切にします。
※皆さん、アンケートへのご協力、ありがとうございました。

1月のインプロinカフェコモンズは、25日(日)に開催します。
ワークショップのテーマは「察する・委ねる」。

新年1回目は、言葉に頼らない、即興の身体表現を中心にしたプログラムで、
遊びたいと思っています。
皆様のご来場をお待ちしております。

【日時】
1月25日(日)13:30~18:00

【参加費】
2000円(参加費+ケーキ&ドリンク付き)

ワークショップ前に、
カフェコモンズのランチも、ご一緒しませんか?
ランチメニューは2種類です。
定食750円(しっかり食べたい人にオススメ)
軽食500円(ちょっと腹ごしらえに最適)
メニューは、どちらもコモンズシェフの増田さんにお任せで、
時間は、12:00~13:00の間です。

※8月から増田さんのアイデアで始まった「軽食」ランチ、
召し上がった方には
「これからインプロをする(しかも15時半くらいにはケーキタイムがある)ことを考えると、
ちょうどいいボリューム」と大好評です!

ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah☆ezweb.ne.jp
080-6598-0878
鈴木聡之まで(☆→@)

当日の飛び込み参加も大歓迎ですが、
ランチのご希望は、前日までにご連絡ください。

ワークショップ終了後には、
カフェコモンズで懇親会も行います。

わいわいコース・1800円(ワンドリンク・食事)
ほろ酔いコース・2200円(ツードリンク・食事)
乾杯コース・500円(ワンドリンクのみ)
(懇親会のお申込みは、当日、承ります)

来年もまた、コモンズの即興空間で、またお目にかかれることを楽しみにしています。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之
運営スタッフ一同
スポンサーサイト

プロフィール

インプロinカフェコモンズ

Author:インプロinカフェコモンズ
開放的で、ポジティブで
心地よいコミュニケーション
自分らしい自己表現を楽しむ
ワークショップ

≪今後の日程とワークのテーマ≫


2017年 
10月29日(日)
 「架空の感情表現で遊ぶ」

11月26日(日)
 「インプロパーティー2017」

12月24日(日)
 「妄想で遊ぶ」 
~31日(日)ではなく、
 24日(日)に開催します。

2018年
1月28日(日)
 「察する・委ねる」

2月25日(日)
 (テーマ未定)

3月25日(日)
 「音で遊ぶ」

【ワークショップの時間】
 13:30~18:00

~11月のパーティーは、
 13:30~20:00

【参加費】
 一般 3000円
 学生 2000円
(ワンドリンク&ケーキ付き)

~11月のパーティーは、
 4000円
(ケーキ&お茶/食事&ワンドリンク付き)
 
こちらにもぜひ ↓↓↓
・ランチタイム(12:00~13:00)
  シェフお任せメニュー
  定食750円
  軽食500円

・懇親会(ワークショップ後)
  ※値段は下記参照
 乾杯コース
   500円(1drink)
 わいわいコース
  1800円(1drink+お食事)
 ほろ酔いコース
  2200円(2drink+お食事)
   ※3杯目以降はキャッシュ

★開催場所
カフェコモンズ
http://cafe-commons.com/
〒569-0814
 大阪府高槻市富田町1-13-1
   ウエストビル5階
TEL/FAX: 072-694-3607
MAIL: info@cafe-commons.com

◇アクセス
JR京都線「摂津富田」 または
阪急京都線「富田」より徒歩2分
 大阪・梅田、京都・河原町より
 JRまたは阪急で約25分。
 JR高槻・阪急高槻市の隣駅
 (普通各駅電車のみ停車)

JR「摂津富田」駅と
阪急「富田」駅をつなぐ商店街の、
阪急の線路近く、
ドトールコーヒーや松屋の
向かい側にある、
1階にファミリーマートのある
ビルの5階です。

ファミリーマート横の路地を入って、
すぐ左にあるらせん階段を昇り、
2階から
エレベーターにお乗りください。、

※駐車場はありません。
 お車でお越しの方は、
 近隣のコインパーキングを
 ご利用ください。

◇場所が分からない場合は、
 お気軽にお店にお電話を。
 スタッフがお迎えに
 伺います!!

★定員 先着30名

★お申込みは、
鈴木聡之の携帯まで
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878

ランチをご希望の方は、
お申込の際に、
定食、軽食、いずれをご希望かを、
お申し出ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR