11月ワークショップレポート

2013/11/28 Thu

『インプロinカフェコモンズ』第88回を、
11月24日に開催しました。

参加してくださる皆さんに支えられて、
2006年夏から、毎月休まず続けてきたこのワークショップも、
来年11月に100回目を迎えます。

これまで、10回目も、50回目も、
アニヴァーサリーとは無縁に、いつも通り開催してきたのですが、
さすがに来年は、100回目を記念した内容で、
インプロパーティーを開こうと思います。
(2014年11月23日・日曜日です)

2015年3月までのワークショップの日程も決まりました。
(右側の、ブログの「プロフィール」をご参照ください)
ぜひ来年のカレンダーの片隅に、メモしていただいて、
お時間が合うときに、遊びにいらしてください。

さて、今月のコモンズインプロのテーマは、
「インプロde感情表現」。

日頃、固まっている(我慢している)、
運動不足ならぬ「表現不足」の「心」を、
動かしてみようというワークショップでした。

参加してくださったのは、
初参加3名を含む12名の皆さん。
スタッフは、そん、すぅの2名でした。

『 』は実施したメニュー(ゲーム名)
☆は、即興のタイトル(お題)
< >は参加者の皆さんのふり返り(アンケートの回答)
※は、ファシリテーター(すぅ)のコメントや説明です。

○第1部【互いの存在を認め合う】

『今日の自分になる』(全員で)
※「今日の自分になる」ために「今日の自分」を尋ねる二択問題を出し、
答えによって、左右2か所に分かれます。
☆「今、機嫌はいい?よくない?」「体調は?」
「ソチ五輪が楽しみかどうか?」
「朝ドラの『ごちそうさん』にはまっている?いない?」など

『3つの感情』(2人組)
※最近強く感じた「感情」を3つ書き出してみて、
それを見ながら、2人組でおしゃべりをします。
リアルな感情についてなので、「語りたいことだけ語る」ルールです。

※私(鈴木)の3つの感情は、
「ものすごく共感した」「やってよかった~!」「美しい!!」
何を「美しい」と感じたのかは、ナイショです(笑)。

<感情で自己紹介することで、相手にすこし近づき、
自分のことをすこし、うち明けられた気がした>

<「あれ?自分は最近どんな感情を持ったかな?」と考えたら、
けっこう思い出さないものだな、と思った。本当はもっと感じているのに、
自分の感情に注意を払っていない部分が多いのかもしれない>

『ネームde喜怒哀楽』(円陣)
※自分のこの日の「呼ばれたい名前」を、
自分で、いろんな感情(喜怒哀楽)をこめて呼んでみました。
その後、感情をひとつ決めて、ポーズもつけながら自分を呼び、
その「呼び方」を真似して、みんなで呼び合いました。

<自分のなまえを自分でよぶ、不思議な感覚。
なまえに感情をこめる、不思議な感覚>

<(このプログラムは)やりやすくて、わかりやすくて、導入に良いなと思いました。
感情表現は、できたら(やりやすくなったら)すごく楽しいけれど、
最初のハードルが高いかなという気がしていたので>

『ミーティンググリーティング』(全員と)
※歩き回りながら、全員と1回ずつ向き合って名前を呼び合い、
握手して挨拶していきます。
毎回大切にしているプログラムです。

<自己紹介が自然にできる遊びだと思う。すぐに相手の名前も覚えられる>

★第1部を通してのふり返り
<いつもその時の気持ちをきいてくれるので、
自分の気持ちに素直なまま参加することができる>

<一般的な自己紹介とかしていないのに、相手のことが受け入れられる、知りたくなる、
相手と自分の対等性>

○第2部【インプロde感情表現①】

『ポーズde感情表現』(全員で)
※喜怒哀楽をポーズで表していきます。
まずはその感情が一番伝わると思われる「ベタ」なポーズ
⇒人と違うオリジナルポーズを目指す
(「面白い」を目指すのではなくではなく「オリジナル」を目指す)
⇒日常の自分が、その感情の時にやっているリアルなポーズを思い起こす
⇒やりたいポーズをする(結局どんなポーズでもOK!)

『サポート彫刻』(4人組)
※1人が、ある感情に成り切ってポーズをとり、静止します。
他のメンバーは、そのポーズを活かすように(その人が主役として輝くように)、
1人ずつ脇役としてその場面に加わってポーズをとっていきます。

<他の人たちの表現を見るのがおもしろかった。
自分のポーズに他の人がポーズをつけた時の意外性が新鮮だった>

『イエスレッツ』~『断ってもいいイエスレッツ』(2人組)
※AさんがBさんに「○○しよう!」と提案します
⇒Bさんはどんな提案でも「いいね!」と受け入れ、ふたりで「そうしよう!」
(満面の笑みを浮かべ、拳を突き上げながら)
⇒ふたりで、その○○の動作を演じます
⇒Bさん「そうだ、△△しよう!」⇒Aさん「いいね!」
⇒ふたりで「そうしよう!」⇒ふたりで△△を演じる⇒繰り返し

※「断ってもいいヴァージョン」は、提案を断ってもいいことにします。
(但し、可愛く優しく、短く断る。断る理由は説明しない。)
⇒断られたら、めげずに、明るく、相手にアイデアを委ねます。「じゃあ、どうしたい?」
⇒その相手の提案を「いいね」というか「可愛く優しく断るか」を、
その場で、瞬時にを選択しながら、繰り返していきます。

<「断る」ってふだんしないから、「やめとくよ」というのが変な感じでした。
そうしよう!は言いやすいけど、やめとくは言いにくい。
でも、「じゃあ、どうしたい?」と言ってくれるから、断りやすくなっていく…>

<断り方一つで、相手に(与える)自分の印象を変えるなと思った。
柔らかく断るのが一番>

<断っても、OKでも、どちらもありは初めてだけど、
どちらも相手のことを受け入れるのが大切なのに、
次に自分が何を言おうかと考えてしまう。まだまだ緊張かな?>

『イエスレッツ・全員Ver』(全員で)
※「全員の共同作業」をタイトルとして設定し、
ひとりが「○○しよう!」と提案するところからスタートします。
⇒提案を受け入れたくない人は、可愛く優しく断って、そっと離脱
⇒賛同者がいなくなるまで、提案を繰り返していきます。
断ることをためらわず、拒絶されることを恐れず、
断った人よりも、受け入れてくれた人を大事にして、前に進んでいきます。
☆バーベキューをする

<『全員Ver』が、新鮮で面白かったです。ベースのフォーマット(基本ルール)が同じでも、
違う要素が入ると、全然違って感じるのが面白いです>

<最後(の二人)に残ったのが快感だった>

★第2部を通してのふり返り
<『イエスレッツ』はノリが面白かった。『ポーズ』はいろいろな表現法があると感じられた>


○パフォーマンスタイムは、今月は実施しませんでした。


○第3部【インプロde感情表現②】

『プレゼント』(4人組)
※ひとりずつ「最近ちょっと困っていること、悩んでいること」について語り、
⇒その人の「お悩みを解決するためのプレゼント」をあとの3人が考えていきます。
「悩み」は実話で、
「プレゼント」は「どんなプレゼントでもできる力がある」と想定したフィクションです。

※私は「夜中の食欲が止められない」という悩みを語ったのですが、
意外なプレゼントとアドヴァイスをいただきました。
その後、おかげさまで、夜中の暴食は止まっています!!(まだ3日目ですが・・・)

<何をもらえるのかが、楽しみだった>
※プレゼントを何にするかは、語った人には内緒で相談して決めるルールでした。

<自分の問題を解決する以上のものを(グループの3人が)くれた。
心が温かくなった>

『ワンタッチ彫刻』(4人組)
※1人が、何かのポーズをとり、そこに1人ずつ、誰かにワンタッチしながら、
ポーズを取って加わっていきます。
⇒グループみんながポーズを散ったら、出来上がった形を彫刻に見立てて、
観ている人にタイトルをつけてもらいます。
⇒次には、先にタイトルを決めてから、彫刻づくりをしてみます。

『動く彫刻』(同)
※今度は「ポーズ」(静止画)ではなく、
4人の「反復する動き」を重ねていきます。
最初は、ノンタイトルで動いて、後からタイトルをつけ、
続いて「あったらいいなと思うマシーン」「(架空の)感情」
をお題として実施しました。

<『動く彫刻』ほど面白いものはない!!というぐらい楽しかった>

<題名(タイトル)を付けるときが楽しかった>

<初めて見る美術作品のようだった>

『同・プレイバックシアター編』(希望者で)
※『動く彫刻』と同じ手順で、参加者の方の「感情」を、動く彫刻で表していきます。
どなたかおひとり(希望者)に「ちょっと心が動いたこと(実話)」を語っていただき、
その感情をしっかり受けとめて、4~5人のプレイヤー(希望者)が、
動く彫刻に表します。

<自分が役に成り切れてよかった>

『Angel&Devil』(全員で)
※どうするべきか葛藤している(架空の)主人公を設定します。
その他の参加者全員が、天使と悪魔に分かれ、主人公が歩く道を作り、
主人公はその間を、次々に投げかけられるアドバイスを聞きながら歩みを進めていきます。
(天使サイドと、悪魔サイドは、正反対の立場で、言葉をかける)
通り抜けた主人公は、その後どうするのか(どちらに従うのか)決断し、表明します。

☆「大変お世話になったけれど、今はもう力(影響力)を失っている人」と、
「これまで競い合い、憎み合ってきたけれど、今は、自分に利をもたらしてくれる人」
選挙で、どちらの味方に付くのか?  など

<(主人公として)どちらを選ぶのか迷ったけれど、
理屈ではなく、感情に働きかける言葉が強いと思った>

<感情の方に動きやすいというのが、面白かった>

<(主人公になると)「聞きたいコト」しか、入ってこないです>

<「人間は弱いものだ」と改めて感じた。みんな感情や欲望に動かされやすいんですね>

<主役をやってみたかったなぁ…。自分はAngelの言葉の方がすんなり入りやすいのかも>

★第3部を通してのふり返り
<自分の体験などを語るのが以前は苦手だと感じていたが、
インプロに出会ってから、だんだん苦手意識がなくなってきたようだ、と今日感じた>

<久びさにやった彫刻の楽しさ!体や声でイメージや感情をあらわすワクワク感!>

<彫刻シリーズは、どんどんイメージが拡がっていく過程が面白いです。
音をつけて良いとなると、すごく拡がったのが、自分で見えて興味深かった>
※「無言」でポーズをとるルールで始めて、感情を表す『動く彫刻』になったところから、
「音・声OK]というルールに変更しました。

<考えすぎないで、というのはむずかしい。やはり「う~ん」と考えてしまう。
現実ということでなくていいのに、完成を求めてしまう。
そこを取り払ってくれ!>
※日常では、「完成させる」ことが上位概念であることが多いですよね。
インプロではちゃんと「完成」させることよりも、
ちゃんと「今、ここに居る」ことの方が楽しいと、感じます。
私自身が「取り払えた」のは、即興パフォーマンスの舞台に立ってからのように思います。

★全体を通してのふり返り
<初めてでしたが、とっつきづらいテーマもなく、入り込みやすかったです>

<毎回楽しいのですが、今日は一番自分を出せて楽しめました。
普段の生活の中でも、もっと解放してあげたいです>

<なかなか感情を出せる機会がなく、頭で考えながら話をしがちだったので、
(今日は)楽しめることができた>

<少人数だったので、ゆっくりできた>

<人の心を動かすのは“感情”なんですよね>

<感情はこわいなあ、と今まで思っていて、感情をたーくさん出す、のは、
大人としてどうなんかなあとか、思っていたんですが、
今日、みなさんの感情表出をたくさんみて、そんな気持ちをちょっとだけ払拭できて、
きっと自分は今まで、自分の感情を大事にしたり、
見守ったりしてあげられてなかったのかなぁと、思いました。
多分自分は、とっても感情的な人間なんだろうけれど、
今まで、それを抑えることが良いと思っていた。
でも、それじゃあ心がガチガチになってしまって、
自分の気持ちを見失ったり、いろんな気持ちの動きを大事にできない、
そして、人に対してもそうなってしまうんだろうなと、思いました>

<いろいろな悩みがあるなと思った。でも、他の人はそれをどう受けとめて、
どう対処するのか知ることは、それを実行する、しないに関係なく、おもしろいと感じた>

<グループ交流だけでなく、時間はとるけど、全体に返してくれたら、
より共有できるのではないかな。全員が知れて良いかな>
※う~ん、なるほど!でも、コモンズインプロでは、「共有」や「理解」より、
「遊ぶ時間」を優先したいと考えています。

※皆さん、アンケートへのご協力、ありがとうございました。

12月のインプロinカフェコモンズは、12月22日開催、
年末恒例の「インプロパーティー」です。

例年23日(祝)に実施していましたが、
今年は22日(日)です。お間違えのないようにお気をつけください。

13:30~16:00が「即興パフォーマンス体験ワークショップ」
16:30~19:00が「インプロパーティー」です。

ワークショップで気楽にパフォーマンスゲームを楽しんでいただき、
16:30からは、食べながら、飲みながら、
インプロパフォーマンスライブをお楽しみください。
観て楽しんでいただける時間と、
参加型のセッションを楽しんでいただける時間をご用意して、
皆さんのご来場をお待ちしています。

【参加費】
4000円(参加費+ツードリンク&食事付き)

お申し込みは、
yesandyeah☆ezweb.ne.jp
080-6598-0878
鈴木聡之まで
(☆を@に替えて送ってください)

12月だけは、30名の定員いっぱいになって、
お申込みをお断りすることもあるので、
ぜひお早めにご予約ください。
(現在既に、13名の皆さんから参加表明が届いています)

コモンズの即興空間での、皆さんとの再会を楽しみにしています。

インプロinカフェコモンズ事務局

すぅさん こと 鈴木聡之
運営スタッフ一同
スポンサーサイト

プロフィール

インプロinカフェコモンズ

Author:インプロinカフェコモンズ
開放的で、ポジティブで
心地よいコミュニケーション
自分らしい自己表現を楽しむ
ワークショップ

≪今後の日程とワークのテーマ≫


2017年 
10月29日(日)
 「架空の感情表現で遊ぶ」

11月26日(日)
 「インプロパーティー2017」

12月24日(日)
 「妄想で遊ぶ」 
~31日(日)ではなく、
 24日(日)に開催します。

2018年
1月28日(日)
 「察する・委ねる」

2月25日(日)
 (テーマ未定)

3月25日(日)
 「音で遊ぶ」

【ワークショップの時間】
 13:30~18:00

~11月のパーティーは、
 13:30~20:00

【参加費】
 一般 3000円
 学生 2000円
(ワンドリンク&ケーキ付き)

~11月のパーティーは、
 4000円
(ケーキ&お茶/食事&ワンドリンク付き)
 
こちらにもぜひ ↓↓↓
・ランチタイム(12:00~13:00)
  シェフお任せメニュー
  定食750円
  軽食500円

・懇親会(ワークショップ後)
  ※値段は下記参照
 乾杯コース
   500円(1drink)
 わいわいコース
  1800円(1drink+お食事)
 ほろ酔いコース
  2200円(2drink+お食事)
   ※3杯目以降はキャッシュ

★開催場所
カフェコモンズ
http://cafe-commons.com/
〒569-0814
 大阪府高槻市富田町1-13-1
   ウエストビル5階
TEL/FAX: 072-694-3607
MAIL: info@cafe-commons.com

◇アクセス
JR京都線「摂津富田」 または
阪急京都線「富田」より徒歩2分
 大阪・梅田、京都・河原町より
 JRまたは阪急で約25分。
 JR高槻・阪急高槻市の隣駅
 (普通各駅電車のみ停車)

JR「摂津富田」駅と
阪急「富田」駅をつなぐ商店街の、
阪急の線路近く、
ドトールコーヒーや松屋の
向かい側にある、
1階にファミリーマートのある
ビルの5階です。

ファミリーマート横の路地を入って、
すぐ左にあるらせん階段を昇り、
2階から
エレベーターにお乗りください。、

※駐車場はありません。
 お車でお越しの方は、
 近隣のコインパーキングを
 ご利用ください。

◇場所が分からない場合は、
 お気軽にお店にお電話を。
 スタッフがお迎えに
 伺います!!

★定員 先着30名

★お申込みは、
鈴木聡之の携帯まで
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878

ランチをご希望の方は、
お申込の際に、
定食、軽食、いずれをご希望かを、
お申し出ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR