10月ワークショップレポート

2011/11/03 Thu

インプロinカフェコモンズ第63回を、
10月30日(日)に開催しました。

今回のテーマは「感情表現ゲーム」

以前は「感情を共有しよう」という表記で、
感情表現ゲームを実施していたのですが、
フィクションの世界で気軽に遊ぶコモンズインプロなので、
「共有」という言葉は、そぐわないかなと感じ始め、変更しました。

今回の参加者は、初参加1名を含む14名。
スタッフは、かわやん、ゆげし、そん、すぅの4名でした。

当日のレポートをお届けいたします。
「 」は実施したメニュー(ゲーム名)
☆は、即興のタイトル(お題)
< >は、参加者の皆さんのアンケートの回答
※は、ファシリテーター(すぅ)のコメントやルール説明
#は、記録係(かわやん)のコメントです。

○第1部【互いの存在を認め合う】
「スケールライン」

#自分の感情の内側に向き合う為に
≪今日の気分は??≫という大きな主題を決める。

☆「冬と夏、どちらが好き?」「(今日の気分は)色気?食い気?」
「(今日の気分は)太陽か月か?」「飼うなら犬?猫?」

#移動後、近くにいる人となぜそう思ったのか話し合い、共感しあっていく。

※この日の気分が「食い気」より「色気」だったのが、
スタッフの男3人(かわやん・そん・すぅ)だけ。
気色悪いとの声が・・・(笑)

☆「今の元気度を0から100の数値で表し並んでください」

「自己紹介」(2人組)
「ツーワード他己紹介」(円陣)

#前ワークで近くになった人とペアを組み自己紹介。
『どこどこから来た◎◎です』ではなく、
なぜその数値にしたのかを中心とした話題の自己紹介。
そのあとツーワード他己紹介をしていく。
「〇〇で〇〇な〇〇です」
(例)本日のワークに備えてニュートラルな気持ちのかわやんです。

「仲間探し」(歩き回りながら)

#タイトルに対して直観で出た言葉を場に投げ続けながら歩く。
自分の出した言葉と同じ言葉を言っている人を見つけ集まっていく。
独りになる事を怖れない。あくまでも自分の気持ちを大切にして場に投げる
☆① 一種類しかない寿司屋だとしたら、どんなネタを食べたいか?
☆② 好きな秋の味覚といえば?

<大きな声で探すと、仲間がいた時、ほっとする>

「ひとりにならないで」(同)

#方法は「仲間探し」と同じ。
ただし今回は参加者の思考を察し、
少なくとも、このメンバーの中にはその答えが一人はいるだろうな
という言葉を推測して場に投げる。
自分の気持ちではなく、回りの意識に寄り添うことが必要。
☆① 日本以外で美しい国といえば?
・・・スイスや、カナダが多かった。
☆② 子どもに人気のアニメといえば?
・・・ドラえもんやワンピースなどがあった
☆③ 歴史上の人物といえば?
・・・坂本龍馬や戦国武将が多かった。卑弥呼に2人いたのは驚いた。

<みんなが何を言うのか予想するのが、意外に難しかったです>

<自分の思いつきよりも、みんなと同じになるように考える時間は、
いつもならめんどくさいなどとマイナスに考えがちですが、
一生懸命考える事が、心地良かったです>

「ミーティンググリーティング」(同)

★第1部を通してのふり返り
<今日はなんだか疲れました>

※この日は、疲れ、寝不足、二日酔いなど、
体調不良の方が多かったです。
以前は「インプロで元気になってください」と
申し上げていたのですが、
最近は「その日の調子のまま、無理せず過ごしてください」
と声をかけています。

スタッフのそんさんの一言。
「抗生物質よりも、漢方薬」
私も、そうありたいと思っています。

○第2部【感情表現ゲーム①】
「感情回し」(円陣)
「エモーショナルウォーク」(歩き回りながら)

※自分の名前に、感情を乗せて、隣の人に伝えたり、
歩いたりするワークです。
☆① 疲れている
☆② ものすごく退屈だ
☆③ ウキウキ
☆④ エキサイトしている

<何気ない「疲れた」とか「うきうき」という
普通の気持ちから入ったのが、おもしろかった>

※エモーショナルウォークを、小学校のワーク(授業)で実施すると、
とてもいきいきと楽しそうに取り組む。
しかし、こういう活動は、「もう幼稚園児ではないのだから」と、
カリキュラムから除外されているので、
やる機会がないと現場の先生たちは言う。
その結果「やるのが恥ずかしい・・」と思うように
なってしまっているのではないだろうか?
小学生どころか、大人がこんなに楽しいのに!!
「夢中で遊ぶ」「成り切って遊ぶ」「人と一緒に遊ぶ」
そんな機会は、どの世代でも楽しいし、大事な時間だと思う。

「イエスアンドサークル」(4人組)

#『あなたは○○です』→『はい、私は○○です。しかも◎◎です』

「同・感情追加Ver」(同)

#<例>『あなたは悲しんでいる帽子です』
→『はい、私は悲しんでいる帽子です』(感情も加えながら答えていく)
①しかも、太陽が当たって暑いんです。
→純粋に暑くて悲しんでいるパターン
②しかも、宝石がちりばめられているんです。
→本当は嬉しい状況なのに、なぜか悲しんでいるパターン

様々な感情に対して、どちらのパターンで答えてもいい

「何やってるの?」(3人組)
「同・感情追加Ver」(同)

※(例)『何やってるの?』→『怒りながら、本を読んでるの』

「数字deドラマ」(2人組)

#1から30の数字を言う中に物語を意識しながら番号を言い合う。
<例>祖父と孫 あとを継いでもらいたい祖父と継ぎたくない孫。
どちらがどちらのパートを演じるのか決めない。
最初に①をいったほう(仕掛ける側)が祖父となり、
以後奇数は祖父のパートとなる。
仕掛けられた側である孫は以後偶数を言い続けるが、
数字の積み上げを通して、どのような展開になるのかを遊んでいく。
数字を見ているだけで、どんなシチュエーションなのかが想像でき面白い

☆① 不倫の男女 
仕掛ける側・・・①を言う側の最初の感情「結婚して!」
仕掛けられる側・・・②という側の最初の感情「それは無理だ、俺にも家庭がある」

☆② 日本ハムファイターズのドラフト問題
①という側・・・日本ハムの新監督「キミと一緒に野球をやりたいんだ」
②という側・・・菅野選手「僕は巨人に行きたいんです」

☆30まで終わったあと、
その先どのような展開になっていくと感じているのかをシェアする。

<やっていて楽しかったです>

<数字に(感情を)のせるのは、実はあまり得意ではないのですが、
30までのうちに、どこまで変化させるか、
楽しんで試してみることができました>

<数字を言いながら、セリフが見えてきたので、おもしろかった>

★第2部を通してのふり返り
<久しぶりだったので、始めは控えめな感じで参加したような気がします>

<この辺で体が開いてきた。他の人の声にのれるようになった>

<自然に動きに感情をのせることができたと思います>

≪休憩・20分≫~ケーキ・ドリンクタイム~

○パフォーマンスタイム
「エモーショナルリプレイ」

#ある設定の中で生まれたシーンを3つの異なる感情で再現していく。
※参加者の中から、パフォーマンス体験希望者を募り実施しました。

☆①家族の会話(朝7:30)
普段あまり口を利いていない(家庭内別居状態)父と母と娘。
⇒リプレイは「爽やか」「怒り」「夢見心地」

☆②バンド仲間
メジャーデビューできていない売れないバンド

※↑このシーンには、かわやんも、私も参加していたので、
どんな感情でリプレイしていたか、記録が(記憶も)ないのです。
アラブの大富豪が、デビューさせてくれる、という展開は、
覚えているのですが(笑)。

<楽しかった。体を変えるとセリフは勝手に出てくる>
<感情でその場が全く違ったものになるんだと思いました>
<感情が入ることにより、自由になるのを感じた>
<小学校時代の遊びを思い出しました>
<おもしろかったです>
<見ていて、とても面白かったです>
<観ていておもしろかったので、次回はやってみたいです>

※12月の『インプロパーティー』の第一部は、
この日のパフォーマンスタイムのような、
即興パフォーマー体験ができるワークショップを
やってみようと思っています。
ぜひご参加ください。

○第3部【感情表現ゲーム②】
「シンプルサンキュー」(2人組)
「同・感情当てVer」(同)

※1人が、ある感情を思い浮かべながらポーズをとる
→もうひとりは、その真似をしながら、感情を当てる。

「感情当て」(全員で)

#鬼を決め、それ以外の人たちでタイトルとなる感情を設定し共有する。
鬼は、3つだけ動作の指定が出来る。
その動作指定を設定した感情になりきって行い、鬼に当ててもらう

☆①「驚いている」  
・スキップしてください
・お経を唱えてください

☆②「憂い」
・ピアノを弾いてください
・ダンスをしてください

☆③「してやったり」
・料理してください
・寝てください
・自転車に乗ってください

<「感情当て」は、どう伝えるか、当ててもらいたくて、
当てる人に(見せる)見せ方を考えました>

<当てるのが難しかったですが、意外に当たるものだと思いました。
お互いが理解しよう、伝えようとしているから出来たのでしょう>

「彫刻」(4人組)

#一人が場に出てポーズを取る。
そのポーズに次々とポーズをつけていきオブジェを作成していく
⇒できたあとに他チームにタイトルをいってもらう
⇒先にタイトルを指定してもらい、
そのタイトルに合うようにオブジェを作っていく
☆①リンゴ
☆②厳格な父
☆③氷河期到来

「動く彫刻」(4人組)
#反復する動きのあるポーズを一人ずつ取りながらオブジェを作っていく。

「感情マシーン」(4人組) 
#最初にメンバー間で感情を決め、その感情を「動く彫刻」で表し、
他のメンバーに当ててもらう
☆① 吹き出している
☆② ドキドキしている
☆③ 苦しんでいる

「伝言マイム・感情追加Ver」(6人組)

#1番から6番まで、順番を決める。
一番目の人は、「どこで」「どんな感情で」「何をしているのか」を決め
マイムで次の人に伝える(20秒)
☆①「図書館で子どもに静かにしなさい」といっている
☆②「電車の中で寝過ごして降りそこねてしまった」

#観客としても思い込みの怖さを学ぶことができる。
ジェスチャーをみて一度○○だと思ってしまうと、
次からも○○としか見えなく、発想の広がりに繋がらない。
このゲームは奥が深く、
様々なコミュニケーションのワークに応用できると思った。

<「伝言マイム」の伝わり方が、見ていても、やってても、
楽しかったです>

<うまく伝わらないところがおもしろい。
また、人のを見るのがおもしろい>

★第3部を通してのふり返り
<(「感情当て」や「伝言マイム」は)いろんな見方ができて、
面白いなと思いました>

<自分の感情をわかってもらえた時、相手の感情をわかった時、
一体になれたような感じ。
怒りなどの感情でも、なんだか嬉しかったです>

<後半、疲れてきた時、見ていられる時間があるのは、よかった>

<(「彫刻」「伝言マイム」は)チームで出来て、
あまり考えなくても良いので、まったりできて楽しかったです>

★全体を通して
<普段、喜びや悲しみを(あまり)出さないので出せてよかった>

<前半(「イエスアンドサークル」など)は頭で考える感情だから、
難しかったが、後半に入り動作や関係性が加わると乗りやすくなった>

<今日は、無理からに感情を出すことに最初は抵抗があったし、
難しかったです。でも、一度楽しくなってからは、苦も無く、
色々な感情が出せるようになりました。
「一度楽しい気分(になる)」って、大きな山ですが、
日常でも出来たらなと思います>

<途中で焼肉が食べたくなった。おなかが空いていた。
「感情表現」のあとは、落ち着いている体が心地好い>

※懇親会名物・そんさんのお肉が、今回久々に届き、
キッチンスタッフの増田さんに料理していただきました。
かわやんからも、枝豆の差し入れ。ごちそうさまでした!
次回も、お楽しみに!!

※皆さん、アンケートへのご協力ありがとうございました。

今後の日程は下記の通りです。

来年の日程も、決まりました。
大人の遊び場・インプロinカフェコモンズに、
どうぞおいでください!

11・27  
「成り切り遊び」

12・23(金・祝)
第1部「即興パフォーマンス体験ワークショップ」
第2部「インプロパーティー2011」

★2012年開催日

1・29
2・26
3・25
4・29
5・27
6・24
7・22
8・26
9・30
10・28
11・25
12・23

原則として、その月の最終日曜日に実施しますが、
7月・12月は、最終ではなく、第4日曜日です。

皆さんと、また即興空間でお目にかかれることを楽しみにしています。

すぅさん こと 鈴木聡之
スポンサーサイト

プロフィール

インプロinカフェコモンズ

Author:インプロinカフェコモンズ
開放的で、ポジティブで
心地よいコミュニケーション
自分らしい自己表現を楽しむ
ワークショップ

≪今後の日程とワークのテーマ≫


2017年 
 8月27日(日)
 「子どもたちとの現場で実施している
即興表現で遊ぶ」

 9月24日(日)
 「音で遊ぶ」

10月29日(日)
 「架空の感情表現で遊ぶ」

11月26日(日)
 「インプロパーティー2017」

12月24日(日)
 「妄想で遊ぶ」 
 
~12月以外は、
その月の最終日曜日です。

【ワークショップの時間】
 13:30~18:00

~11月のパーティーは、
 13:30~20:00

【参加費】
 一般 3000円
 学生 2000円
(ワンドリンク&ケーキ付き)

~11月のパーティーは、
 4000円
(ケーキ&お茶/食事&ワンドリンク付き)
 
こちらにもぜひ ↓↓↓
・ランチタイム(12:00~13:00)
  シェフお任せメニュー
  定食750円
  軽食500円

・懇親会(ワークショップ後)
  ※値段は下記参照
 乾杯コース
   500円(1drink)
 わいわいコース
  1800円(1drink+お食事)
 ほろ酔いコース
  2200円(2drink+お食事)
   ※3杯目以降はキャッシュ

★開催場所
カフェコモンズ
http://cafe-commons.com/
〒569-0814
 大阪府高槻市富田町1-13-1
   ウエストビル5階
TEL/FAX: 072-694-3607
MAIL: info@cafe-commons.com

◇アクセス
JR京都線「摂津富田」 または
阪急京都線「富田」より徒歩2分
 大阪・梅田、京都・河原町より
 JRまたは阪急で約25分。
 JR高槻・阪急高槻市の隣駅
 (普通各駅電車のみ停車)

JR「摂津富田」駅と
阪急「富田」駅をつなぐ商店街の、
阪急の線路近く、
ドトールコーヒーや松屋の
向かい側にある、
1階にファミリーマートのある
ビルの5階です。

ファミリーマート横の路地を入って、
すぐ左にあるらせん階段を昇り、
2階から
エレベーターにお乗りください。、

※駐車場はありません。
 お車でお越しの方は、
 近隣のコインパーキングを
 ご利用ください。

◇場所が分からない場合は、
 お気軽にお店にお電話を。
 スタッフが1分でお迎えに
 伺います!!

★定員 先着30名

★お申込みは、
鈴木聡之の携帯まで
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878

ランチをご希望の方は、
お申込の際に、
定食、軽食、いずれをご希望かを、
お申し出ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR