ワークショップレポート

2010/12/31 Fri

12月23日(木)に開催した、今年最後のインプロinカフェコモンズの模様を、
レポートいたします。

第53回インプロinカフェコモンズ「インプロパーティー2010」。
12月のワークショップは、恒例となった2部構成1時間延長。
スペシャルヴァージョンでの実施です。

集まってくださったのは32名(2名が途中入れ替わり)。
初参加の方が、6名。スタッフも、初めて8人全員揃っての運営となりました。

前半は、「互いの存在を認め合う」~「責任と無責任」~「2011スライドショー」
コモンズインプロでの「責任」とは、その日、時間を共にするひとりひとりの存在やアイデアを尊重すること。
「無責任」とは、アイデアが出てこないことも含めて、どんなアイデアでもOK!
ナイスアイデアを出さなければいけないという「責任」はないということ。
私からのそんなメッセージを伝えながら、「リズムde無関係ワード」「ワンワード」などのゲームを楽しんだ後、
4人組で「来年、こんな瞬間があったらいいな」と思っていることを伝え合い、
そのシーンを4人で「静止画」に表してみました。
各グループ4つずつの静止画に、タイトルをつけて、皆さんにご披露します。
30人の、30通りの未来が、次々と紹介され、その瞬間への「想い」をみんなで共有することができました。

後半は、パフォーマンスと料理の夕べ「インプロパーティー2010」。
音楽演奏、ジャグリング、即興パフォーマンスのパフォーマーが次々と登場したあとは、
自由参加のセッションタイム。
「限定ワードシーン」「NGワード」「ワンワードソング」などで、大いに遊びました。


では、この日の詳細なレポートをお届けします。
「」は、「実施したプログラム」、<>は、<参加者の皆さんのふり返り>、
☆は、記録係(かわやん)、※はファシリテーター(すぅ)の記述です。

☆今回は30名の参加者とともに遊んだが、みんな狭い場所をぶつからないように意識して動く過程で、
優しい空気が出ているようだった。

●第1部①・互いの存在を認め合う
「自己紹介」
「Movement Pass」
<仲間のポーズを覚えないと!と焦ってしまいました。でも、やっているうちに覚えていき、
30人もいましたが、わかるようになりました>
<単純に楽しい>
<これだけいても、なんとかなるのがおもしろい>
<この大人数でも、お互いの名前を覚えやすかったです>
<人数が多かったから、大変でした。でも楽しかったです>
<多人数で行なうと、忘れてしまい、違うポーズになったりするけど、それがかえって面白い>
<最初と変わっていくのも楽しかったです>
<逆バージョン、難しいですね。でも面白い>

「仲間探し」
☆空間を半分に区切り、タイトルに対して、主観的に判断し移動する。
タイトル
≪今年が良い年だった人、そうでなかった人≫
≪大晦日は紅白を見る・見ない≫
≪自分は心が綺麗・綺麗じゃない≫

「ノンバーバル仲間探し」
※今度は、ひと言もしゃべらずに「仲間探し」をしてみます。
しかも、どちらがどちらの場所かも決めずに移動してみました。
タイトル
≪真夏と真冬ではどちらが好き?≫
≪ごちそうが手に入るチケットと、お洒落なアクセサリーや服が買えるチケット、どっちがほしい?≫

<真夏、真冬などの仲間探しがおもしろかった>
<ノンバーバル仲間探しが好きです>
<ノンバーバル仲間探し、楽しい>

「スケールライン」
※●●は、今の貴方の人生にどのくらいの価値がありますか?
床に100段階のスケール(目盛り)があると仮定して、移動してみます。
タイトル
≪クリスマスをクリスマスらしく過ごすこと≫
≪一人遊びの時間≫など

<初めてしましたが、価値観が見えるので、少しはずかしいです>
<世間とコモンズの違いを実感できました(笑)>
※「一人遊び」に高い価値をを持つ人がやたら多かったことでしょうか?(笑)

「ミーティンググリーティング」
<知り合うのにはとてもよい。緊張もほぐれる>
<(このゲームの時には)個別にお名前を再確認したい!というモチベーションが高まっていました>
<なんだかたのしかった>
<30人は多いですね>

★第1部①を通して
<なかなか初めての人たちを覚えていくことは難しいですが、
一体感をもつことができて、なじみやすくなりました。
最初の導入のワークから、いつの間にか入り込んでいける気がします>

<30人という大人数でも、名前、顔をたくさん覚えることができた>

<プログラムの順番、特にミーティンググリーティングを最後にもってこられているのは、
とても良く考えられたプログラムの流れだなァと思いました>

<初対面にはぴったりだと思いました>

<互いの名前を覚えあうというより、コミュニケーションアイスブレイクをしようという
雰囲気だったので、その気持ちを共有できたかもしれないと思えたのはよかった>

●第1部②・責任と無責任
※ここで4人組になるよう、くじ引きでチーム分けをしました。
その後、私なりの今のインプロについての考え方を、
参加者の皆さんに伝えました。
以下、かわやんのレポートです。(一部補足説明を加えてあります)

☆ここで、なんとコモンズ初の図解説明。「責任と無責任について」
「アイデアを(否定せずに)乗せていきましょう」というのがインプロの考え方。
では、そのアイデアは、常にナイスアイデアでなければいけないのだろうか??
⇒もしそうなら、参加者は「ナイスアイデアを出さなければいけない」「頑張らなければいけない」
と意識しなければいけなくなり、面白くなくなる。

実はナイスアイデアは滅多に出ないのに、ナイスアイデアだけを求め続ける限り、
アイデアは先細りしていく。

では、どうすれば良いか?
(その人の存在を)イエスする責任を意識した上で、
次に出すアイデアは、無関係なアイデアで構わない。
どんなアイデアでもいい。
それは無責任でいい。
相手が無責任に出した言葉でも、きちんと受けて、膨らませてあげることで、
誰もが安心し、プレッシャーのない関わり方ができる。

※確かにコモンズで、図解説明をしたのは初めてでした。
どんなアイデアでもOK!(アイデアを出せない、出さないことも含めてOK!)
無責任に出した無関係な表現(言葉・動き)の間に、
ドラマが生まれるのが、
即興の醍醐味。
そんな想いを込めて、
メッセージを発してから、
プログラムを先に進めました。

「リズム連想」(全員)
「リズムde無関係ワード」(全員⇒4人組)
※無関係な言葉を言う。誰かひとりでも関係性を感じたら、
「ブー」という声を発して止めるというルールです。
無理してナイスアイデアを捻り出すのではなく、
脳の潜在意識の中にあるものを、
自由に送り出そうという試みです。

<うまくつながらないことの楽しさを感じることができました>
<無関係なことを言うって、すごく難しいです。関係あることを言う方が簡単だと思いました>
<すごく難しかったです>(※同様のご意見が4名ありました)
<無関係か、そうでないかは、主観的なものなので、それを互いに交流できる時間があれば、さらによかった>
<「夢→希望」と言いそうになりました。つながってしまうものですね。
※無理に頑張らなくても、つながっていく。
つながっても、つながらなくても、どちらでもよい。どちらでも楽しめる。
今回は、そんなメッセージを伝えたくて、
あえて「無関係ワード」にチャレンジしていただいたのです。

「ワンワード・○○が大好き」(4人組)
タイトル
≪たこ焼きが大好き≫
≪イチジクが大好き≫

<ワンワードは楽しくて好きです。文をつなげることで、相手との間で楽しさが生まれます>
<ワンワードは、お互いの協力の気持ちが大切ですね>
<慣れた方々と一緒だったので、さくさくいったのはなかなかないけど、よかった>
<自分のタイミングで終結に向かっていいのかと考えてしまい、最後までいかなかったです>
※即興のお話は、いつどうやって終わらせるかが難しい。勇気が要ります。
でも、これも「ナイスアイデア」は要らないんです。
終わらせたくなったら終わらせようとしてみる。そこからまたドラマが生まれますよ。

★第1部②を通して
<言葉大スキだから、おもしろかった>

<頭の中で、勝手な連想をしているのがよくわかる。
周りに合わせようとし過ぎたり、自分だけ他のことに気を取られて聞き逃したり、
勝手に強弱をつけて受け取ったりしているのがよくわかるし、
それはお互いさまで、好きにしていいというのが、いい>

<相手が何を言ってくるか、自分の中で策を練っていたら、どんどんできなくなって…>
※おんなじ経験、私も、これまで何度も味わいましたよ!


●第1部③・2011スライドショー
「名作写真」(4人組)
タイトル
≪アリとキリギリス≫
≪マッチ売りの少女≫
≪正義の味方と悪者≫など

<グループによって、配役の人数の違いがあって、楽しかったです>

「静止画」~「スライドショー」(4人組)
☆来年やりたいこと、行きたいところ、望んでいること等を、
ひとりひとりが思い浮かべ、4人組で、語り合う。
※「来年、こんな瞬間があったらいいな」と思う場面を、
ストップモーション(静止画)で表していきました。
以下、参加30人の、その瞬間の画像のタイトル一覧です。

「ピアニストに!」「子牛40万円」
「一人暮らしニューライフ」「アラ魂参戦」「ロンドンに降り立つ」「結婚式!!」
「大木」「インプロ」「ミュージックスタート」「実家」
「いとしの朝顔」「Babyを囲む幸せな一家」「キャラバン隊デビュー」「論文完成万歳」
「初夢」「米と魚と私in富山」「表彰・喜びと達成感」「ドキドキ・シアトル」
「笑顔でお帰りたこ焼きパーティー」「大成功、子どもに大うけ」
「こねこね、みんなでハンバーグパーティー」「コタツでほっこり」
「ワクワクスル」「カラマル」「ツナガル」「ヤセホソル」
「メキシコ演奏ツアー」「金八センセー」「セレブな夏休み」「主役デビュー」

<とてもGood!!自分の夢をみんなが叶えてくれて嬉しい感じがするし、みんなの夢を見られて嬉しかった。
肩が軽くなるのはフシギ>
<それぞれ気になるものが多かったです。2011年、未来について考えるきっかけにもなりました>
<1人ひとり、いろいろな思いを話すことができ、静止画で共有できるのがよいと思います>
<自分の夢が叶ってよかった>
<皆さんの夢、楽しいです。夢は叶う!!!!未来は明るい!!>
<未来を現実化するのは楽しい>
<私のチームは(タイトルが)文章形式だったけど、単語とか抽象的なものもあって楽しかったです>
<皆さんの夢を見ることができて、すごくほっこりした気持ちになりました>
<静止画は、やった者勝ちですね>
<2011年、したいことが、あまりうかばなかった自分でした>
<本当になるかなぁと思ったりするけど、
このワークでの雰囲気が、まぁやっちゃおという感じになるのが楽しい>
<自分の夢(したい事)を、変につつかれず、否定されずの空間が楽しくて、とても気持ちよかった>

★第1部③を通して
<普段のキャラだと、なりそうかなと思ったりした役柄とは、まるでちがったキャラになる場面がおもしろい>
<とっても良かったです。元気をもらいました>
<各々のスライドショーについて、さらにグループ内で話題を共有できる時間があればさらによかった>
※確かにそうですね。2時間半という、いつもより、2時間も短いワークの時間配分は難しかったです。
今後の課題とさせていただきます。

★全体を通して(アンケートは第2部開始前に回答していただきました)
<ケーキがなかったのは、やはり少し残念ではありましたが、30名の皆さんと一緒に、
楽しく過ごすことができました。予約が間に合って本当によかった。
やっぱりコレに参加して一年が無事終わる!気がします。ありがとうございました>

<いつものメンバーではなくて、初対面の人でもインプロは成立するのだと思いました。
インプロに慣れてる方ばっかりだからだとも思いますが、
楽しく過ごせました。ありがとうございました>

<楽しかったし、気軽に参加することができました。ありがとうございます>

<やっぱり今日も楽しかったです>

<来年も是非来たいです>

<また日が合う時は参加したいです>

<いろいろ思う事があり、気づきの多いワークでした。ありがとうございます>

<遊ぶのは楽しい。単なるワークショップより身体を使うのは心地よい。
知らない人とでも、あまり尻込みせずに話せるようになっている>

<今年一年、ありがとうございました。
久しぶりのコモンズでしたが、いつもと変わらず、温かく迎えていただきました。
来年もまた機会があれば参加させていただきたいです>

<コミュニケーション力の向上につとめたい!!もっと楽しく!!ゆかいに!!!>

<自分が思う自分を開放し、自由自在にその役に成り切る自分でありたい>

<土のいす(ストローべイル)の粉が服につくのがちょっとへこむ>
※掃除が行き届いていなくて、ごめんなさい。次回以降、気をつけます。

<足元が冷たいので、くつ下を持参したほうがいいよ、とかの案内があれば
(初めての女性は特に)ありがたかった。次からはゼヒそうしてください>
※ご指摘、ありがとうございます。冷たい思いをさせてしまって、申し訳ありませんでした。
早速次回から、告知に加えていきたいと思います。

●第2部・インプロパーティー2010
★パフォーマンスタイム
○音楽演奏・楽団ひとり
○ジャグリング・あそび屋はっしー
○即興ポエム・こうだい
○即興劇「恋人は有名人」・め~め~ず
○即興劇「絵本」・ジェリー☆ビーンズ

★セッションタイム
○限定ワードシーン
○NGワード
○ワンワードソング
○同・プレゼントVer

インプロinカフェコモンズ、2011年の日程は下記の通りです。
1・30  「察する・委ねる」
2・27  「音遊び」  
3・27  「アイスブレイク&チームビルディング」  
4・24  「感情を共有する」
5・29  「成りきり遊び」
6・26  「雨の季節にコトバアソビ」
7・31  「察する・委ねる」
8・28  「音遊び」  
9・25
10・30
11・27
12・23(金・祝)「インプロパーティー2011」

ぜひご都合に合わせて、テーマに合わせて、ご参加ください。
お待ちしています。

すぅさん こと 鈴木聡之
スポンサーサイト

プロフィール

インプロinカフェコモンズ

Author:インプロinカフェコモンズ
開放的で、ポジティブで
心地よいコミュニケーション
自分らしい自己表現を楽しむ
ワークショップ

≪今後の日程とワークのテーマ≫


2017年 
 8月27日(日)
 「子どもたちとの現場で実施している
即興表現で遊ぶ」

 9月24日(日)
 「音で遊ぶ」

10月29日(日)
 「架空の感情表現で遊ぶ」

11月26日(日)
 「インプロパーティー2017」

12月24日(日)
 「妄想で遊ぶ」 
 
~12月以外は、
その月の最終日曜日です。

【ワークショップの時間】
 13:30~18:00

~11月のパーティーは、
 13:30~20:00

【参加費】
 一般 3000円
 学生 2000円
(ワンドリンク&ケーキ付き)

~11月のパーティーは、
 4000円
(ケーキ&お茶/食事&ワンドリンク付き)
 
こちらにもぜひ ↓↓↓
・ランチタイム(12:00~13:00)
  シェフお任せメニュー
  定食750円
  軽食500円

・懇親会(ワークショップ後)
  ※値段は下記参照
 乾杯コース
   500円(1drink)
 わいわいコース
  1800円(1drink+お食事)
 ほろ酔いコース
  2200円(2drink+お食事)
   ※3杯目以降はキャッシュ

★開催場所
カフェコモンズ
http://cafe-commons.com/
〒569-0814
 大阪府高槻市富田町1-13-1
   ウエストビル5階
TEL/FAX: 072-694-3607
MAIL: info@cafe-commons.com

◇アクセス
JR京都線「摂津富田」 または
阪急京都線「富田」より徒歩2分
 大阪・梅田、京都・河原町より
 JRまたは阪急で約25分。
 JR高槻・阪急高槻市の隣駅
 (普通各駅電車のみ停車)

JR「摂津富田」駅と
阪急「富田」駅をつなぐ商店街の、
阪急の線路近く、
ドトールコーヒーや松屋の
向かい側にある、
1階にファミリーマートのある
ビルの5階です。

ファミリーマート横の路地を入って、
すぐ左にあるらせん階段を昇り、
2階から
エレベーターにお乗りください。、

※駐車場はありません。
 お車でお越しの方は、
 近隣のコインパーキングを
 ご利用ください。

◇場所が分からない場合は、
 お気軽にお店にお電話を。
 スタッフが1分でお迎えに
 伺います!!

★定員 先着30名

★お申込みは、
鈴木聡之の携帯まで
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878

ランチをご希望の方は、
お申込の際に、
定食、軽食、いずれをご希望かを、
お申し出ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR