FC2ブログ

8・25「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」開催します。

2019/08/15 Thu

8月25日に、『インプロinカフェコモンズ』第156回を開催します。

ワークショップのテーマは、
「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」

最近私が学校現場で実施しているインプロを紹介しながら、
そのプログラムで、大人が思いっきり遊んでみようと思います。
どうぞお気軽に足をお運びください。

【日時】
8月25日(日)13:30~18:00

【参加費】
一般 3000円
学生 2000円
(スイーツ・ドリンク付き)
※おやつのスイーツメニューは、
カフェコモンズのシェフ増田さんにお任せです。
ドリンクは、受付時にお選びいただけます。

【ランチ】
ワークショップ前に、
カフェコモンズのランチも、ご一緒しませんか?
ランチメニューは2種類。

定食750円(しっかり食べたい人にオススメ)
軽食500円(ちょっと腹ごしらえに最適)

ランチタイムは、12:00~13:00の間。
ランチも、シェフお任せメニューです。

ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878
鈴木聡之まで

当日の飛び込み参加も大歓迎ですが、
ランチのご希望は、前日夕方までにご連絡ください。

ワークショップ終了後には、
カフェコモンズで懇親会も行います。

わいわいコース・1800円(ワンドリンク・食事)
ほろ酔いコース・2200円(ツードリンク・食事)
乾杯コース・500円(ワンドリンクのみ)
(懇親会のお申込みは、当日、承ります)

◆今後も毎月開催していきます!!
 8月25日(日)「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」
 9月29日(日)「成り切り遊び」~インブロを活かしたドラマワーク~
10月27日(日)「音で遊ぶ」
11月24日(日)「インブロパーティー2019」
12月29日(日)「妄想&架空の感情表現で遊ぶ」
 
◆インプロinカフェコモンズのHPも更新中 
http://impro-commons.jimdo.com/

コモンズ以外での、鈴木聡之のインプロスケジュールは、
インプロパークのHPをぜひご覧ください。
http://www3.plala.or.jp/impro-park/

皆様と、コモンズの即興空間で、お目にかかれることを楽しみにしています。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之(すずきさとし)
運営スタッフ一同
スポンサーサイト

7月ワークショップレポート

2019/07/30 Tue

7月28日(日)に、
『インブロinカフェコモンズ』第155回を開催しました。

今回のテーマは、年2回実施し続けている、
「察する・委ねる」です。

参加してくださったのは、初参加2名を含む10名の皆さん、
ランチは5名、懇親会参加は6名、
スタッフは、
IMG_0978_convert_20190731144746.jpg
一昨年以来、久々に帰ってきてくれた「かわやん」と、
がんちゃん、私(すぅ)の3名でした。

コモンズで当日配布する資料に掲載している、
いつもの、私の「今日の」自己紹介、今月は鹿児島遠征の話です。
====================
7月21日(日)に、鹿児島の即興グループ「七味唐辛子」のライブ『CONTACT35』に出演しました。
「七味唐辛子」の皆さんとは10数年前から交流させていただいていて、
私自身は3年ぶり6回目の鹿児島でのステージです。
今回は「荻窪インプロパーク」で一緒に活動している、さとし&くろめぐと3人でのゲスト出演が実現し、
七味唐辛子のメンバー4人と我々3人の計7人で90分間のショーを創っていきました。
会場は鹿児島県青年会館・艸舎、25名のお客様が見守ってくださいました。
「互いを信頼し、共通の感覚で即興芝居にとび込んでいける仲間が鹿児島にいる」幸せ、
「初対面の東京メンバーと鹿児島メンバーが2日間(前日稽古・本番)ですっかり打ち解け、
互いのやりたいことを支え合って、ショーを創っていく」幸せ、
美味しいものだらけの「鹿児島ごはん」・・・、至福の2日間でした。 
IMG_0973_convert_20190731142132.jpg
鹿児島でのショーのプログラムは次の通りでした。
◎ワンワードソング 
◎シェアードソング 
◎スタンディングウェーブ 
◎ペーパーズ(くじ引きで3人と4人に分かれて5分ずつ) 
◎ロングフォーム「主役タッグ」(30分) 
◎最初と最後 
◎シェアードソング

本日のテーマは、半年に一度実施し続けている「察する・委ねる」です。
伝え合い、察し合い、委ね合う時間。
伝わる嬉しさも、伝わらないもどかしさも、皆で楽しみましょう!!
~鈴木聡之(すぅさん)~
====================
今日のランチ
IMG_0976_convert_20190731142409.jpg
                        定食

IMG_0977_convert_20190731142551.jpg
                        軽食

では、ワークショップのレポートをお届けします。

『 』は実施したメニュー(ゲーム名)
☆は、即興のタイトル(お題)
< >は参加者の皆さんのふり返り(アンケートの回答)
※は、ファシリテーター(すぅ)のコメントやルール説明、
#は、記録係(かわやん)のコメントです。

★第1部「互いの存在を認め合う」
『スケールライン』(全員で)
※コモンズの空間に、0から100までの架空の目盛を設定したうえで、
質問を投げかけます。参加者の皆さんは、その質問に対する自分の
「今日の気分」での回答を100段階で数値化し、その目盛の場所に移動することで、
「今日の自分」を表明していきます。

☆①今日のご機嫌は?
☆②今日の体調は?  

『スケールライン+マイム』(全員で)
☆①夏がやってきたことを今年の自分はどのくらい歓迎しているか?

※『スケールライン』のルールで「夏を歓迎する度合い」を数値化した後、
その数値になる理由を「マイム」(身振り手振り)で表現して、伝え合ってみました。

<いつもの『スケールライン』で始まることで、安心してワークを始められた>

『ノンバーバル仲間探し』(全員で)
※二択問題を出します。(例えば「夏と冬でどちらが好きか?」)
答えによって、左右2か所に分かれるのですが、
その際、どちらのサイドが、どちらの答えなのか決めずに実施します。
ひと言もしゃべらず、身振り手振りもせず、誰がどの答えなのかを察しながら、
どちらのサイドに行くのかを決め、左右に分かれます。
制限時間を定め、時間になったら、それぞれのポーズ(例えば「夏」のポーズ、「冬」のポーズ)を決めて、
一斉に自分が選んだ答えのポーズをとって、互いに確認し合います。

☆①自分がもし「著名な映画人」だとしたら、「映画監督」がいいか?「俳優」がいいか?
☆②「カレー」と「シチュー」、どちらが好きか?
☆③転勤してそこに定住するとしたら、「那覇」と「札幌」、どちらがいいか?

『妄想サークル』(円陣で)
※進行役が、「妄想」のための問題を出します。
五感で感じること(匂い・風景・音・手触り・味)や、架空の設定(瞬間移動・変身)等を、
お題として用います
→声を出さずに思い浮かべ、思い浮かべた「妄想」の最初の「一音」を口に出して、
その「音」の五十音順に並んで円陣をつくります
(どんな答えでもOK。何も思い浮かばなくてOK。言いたくない事は内緒でOK。
「思い浮かばない」は「お」、「内緒」の人は「な」のところに並びます)
→五十音順に一人ずつ披露していきます。

☆今年の夏、やりたいことは何?(どんなことでもできるという前提で妄想してみる)

『妄想彫刻』(同)
※「妄想」のためのお題を出し、その「妄想」を言葉で披露する前に身体表現で表し、
それがどんな「妄想」なのかを想像し合います。

☆もし、どんなもの(人)にも変身できるとしたら、何になりたいか?
#「世界的ピアニスト」「虹」「宇宙飛行士」「佐々木希」などの妄想が・・・

『成り切り自己紹介』(歩き回りながら)
※架空の自己紹介です。互いに偽名を名乗り合い、その瞬間に名前が入れ替わって、
次の人との自己紹介では、先ほどの相手の人の名前を自分が名乗ります。

☆動物の種類と偽名
(例)私は、象のジョニーです。

#先ほどの相手の名前を忘れても、(訊きに)戻ってはいけない。
一切過去は忘れるルールです。
最後に全員の「その時持っている」名前を聞いたら、なぜか「ラミー」が多かった。

<『成り切り自己紹介』、わけが分からなくなりながら楽しめる最高のゲームでした>

<最終的に『ラミー』(という名前)が増殖したのが、おもしろかったです>

◆第1部を通しての感想
<いつもやっているメンバーだったので、安心して取り組めました>

★第2部「察する・委ねる」(1)
『ミラー』(2人組)
※2人で向き合い、1人が動いたら、もう1人は、鏡に映っているその人のつもりで真似をします
→役割交代 →さらに、リーダーを決めず2人どちらからともなく同時に動いてみます。

『Who is mirror?』(2人組でパフォーマンス+見ている人が当てる)
※2人組のどちらがリードしていて、どちらが鏡の役をしているのかを、
できる限りわからないように動き、周りがそれを見破っていきます。 

『動く彫刻』(4人組)
※まず1人が、何か「反復する動きと音」を表現します。
そこに1人ずつ、「反復する動きと音」を表しながら加わっていき、
全員が加わったものを、動く彫刻(マシーン)に見立てて、見ている人がタイトルをつけます。
#「お茶製造機」や「最近話題の新興宗教」などが誕生しました。
IMG_0979_convert_20190731145637.jpg

『これなあに?』(円陣で)
※円陣の真ん中にペンのような、細長いものを1本置きます。
参加者は、そのペンを様々なものに見立てて、しゃべらずにシーンを演じていきます。
(例)バットに見立てて、素振りをする。/釣竿に見立てて、釣りをする。/
耳掻きに見立てて、耳の穴を掘る。/タバコに見立てて、口にくわえる。
→あとのメンバーが「何に見立てているのか」を当てていきます。
⇒バリエーション・・ペンを2本に増やす/何か丸いもの(ボール等)も置く
#ペンを「ピノキオの鼻」に見立てたり、ボールを「月」や「太陽」に見立てたりして遊びました。

『職業当て』(同)
※円陣の中央で、セリフなしで「働いている」シーンを演じ、
他のメンバーが、何の職業なのかを察して当てます。
#「モデル」「花屋さん」「パン屋さん」「警備員」「農家」などが登場!

<職業、当ててもらえてうれしかった>

『スポーツ当て』(2人組でパフォーマンス+見ている人が当てる)
※2人で相談して、何かスポーツをしている場面の静止画をつくり、
他の参加者が、何のスポーツなのか当ててきます。

この日は「何のスポーツなのかわかりにくい、マニアックな瞬間もOK」という前提で遊びました。

IMG_0981_convert_20190731143150.jpg
☆①シンクロナイズドスイミング(アーティスティックスイミング)

IMG_0982_convert_20190731143341.jpg
☆②フィギュアスケート(演技開始直前の選手とコーチ)

IMG_0983_convert_20190731143457.jpg
☆③バドミントン(ダブルス)

IMG_0984_convert_20190731143730.jpg
☆④柔道(一本背負いが決まった瞬間)

IMG_0986_convert_20190731143913.jpg
☆⑤相撲(物言いがついて、土俵上での審判の協議が終わるのを待つ力士)

★おやつタイム
IMG_0991_convert_20190731142822.jpg
        今日のおやつ(お飲み物は各自選べます)

※おやつを召し上がった皆さんの感想
<ケーキがとっても美味しかったです!もっと食べたくなりました>

<おいしいケーキ、いつもありがとうございます>

<おいしい!>

<いつもありがとうございます>

★パフォーマンスタイム
○出演・・・「チーム双龍居」 happy・タカピー・がんちゃん・すぅ
〇演目・・・即興ソング『シェアードソング~?(はてな)の歌ヴァージョン~』
※プレイヤーの1人だけが知らない状況で「歌のタイトル」を決め、
順番に言葉を繋いで、歌を作っていきます。
タイトルを知らないプレイヤーが、他のプレイヤーの歌を聴きながら何の歌なのかを想像し、
タイトルがわかっても、わからなくても、歌のラストを歌い切るルールです。

☆お題(曲名)・・・さつまいも(NGワード「芋」「薩摩」「ホクホク」)
※お題を知らずに歌う人→がんちゃん
~がんちゃんは「マツタケ」の歌であると見立てて、歌い切りました!!~

<見入っていて、あっという間でした。もっと見たかったです>

★第3部「察する・委ねる」(2)
★『成り切りインタビュー』(全員で)
※秘かに設定したキャラクター(または「もの」)に成り切って、他のメンバーの質問に答えてきます。
(一問一答で、答えはYES・NOのみ)
→聴き手は、誰(何)に成り切っているのかを当ててきます。

☆①成り切るジャンル「城」・・・成り切った本人のナイショの設定「姫路城」
☆②ジャンル「中華料理」・・・設定「八宝菜」
☆③ジャンル「電化製品」・・・設定「電子レンジ」
☆④ジャンル「国」・・・設定「フィンランド」
☆⑤ジャンル「歌手」・・・設定「平井堅」

<質問するとき、考えすぎないほうが、いい質問が浮かんだ>

<はい、いいえだけで答える質問だと、質問する側も、答える側も、察するために考える時間が楽しかったです>

『自分探しの旅』(全員で)
IMG_0992_convert_20190731145016.jpg
※参加者同士、相手の背中に、自分が何者なのかを示す小さな紙を貼り合います。
そこには、事前に決めたテーマに沿って書かれた「単語」が書かれています。
自分が何者なのかを知らないのは、自分だけです。
会場内を歩き回り、出会った人に背中のカードを見せて、互いに質問をぶつけ合いながら、自分の正体を探っていきます。
質問は「Yes」「No」で答えられるようなもので、回答は「Yes」「No」のみ。
(本当はどちらだかわからなくても「Yes」or「No」で回答するルール)
1人1~2問程度訊きあったらペアを替えます。
⇒自分が何者か分かったら、進行役のところに言いに行きます。
(正解ならば「旅」は終了。2枚目の紙を貼ってもらって、また旅に出ることもできます)

☆テーマ(ジャンル)・・・冷蔵庫の食材
IMG_0995_convert_20190731144137.jpg

<『自分探しの旅』は当たらずくやしい!でも分かると納得!>

<私が相手に書いたお題が「生卵」で、自分の見えない(当てる)お題が「たまご」だったのですが、
答えにたどり着く直前まで、自分の中の選択肢に「たまご」がまったく無かったので、
思い込みっておもしろいなあと感じました>

<当てるまで時間がかかったが、あまり器用に質問を考えなくてもやっていく楽しさがあった>

<最初さっぱりやって、やっと「yes」が聞けてから、質問の幅が広がった>

『ブラインド私は誰?』(2人組×5)
IMG_0994_convert_20190731144347.jpg
※ペアを作り、握手をして、その人の掌の感触を覚えます
→半数が目を閉じて一列に並び、残りの半数の人と握手をして、
どの掌が自分のペアのものか当てていきます。

<『ブラインド私は誰?』おもしろかったです。>

『バ~ン』(5人組で)
※まず、1人が、両手を挙げながら「バーン!」と言い、また両手を下ろします。
この動作を同時に行なう人数が、
1人→2人→3人→4人→5人→4人→3人→2人→1人と変化していくことを目指す遊びです。
相談をしないで実施し、動く人数が多すぎたり少なすぎたりしたら、1人からやり直します。

<『バーン』には、何かいろんなものを吹き飛ばす爽快なパワーがある>

<『バーン』学校の休み時間でも流行りそうです!広めたいと思います!>
※ぜひ広めてください!子どもたちの反応はどうだったか、聞かせてくださいね。

『カウントアップ(21)』(円陣で)
※数字を「1」から順にひとり、ひとつずつ声に出していきます。
言う順番も、言うリズムも決めません。
もし2人以上声が重なってしまったら、「1」に戻ってやり直しです。

※この日は「21」まで到達することを目指し、参加者が10人だったので、
1人2回は声を出すというルールを追加しました。
(だいぶ何度も失敗しましたが、なんとか「21」に到達しました)

◆第3部を通しての感想
<全部おもしろくて、ずっと笑っていました>

◆全体を通しての感想
<今日は特に「あそんだ!」という感じで楽しめました>

<初対面の方ばかりだったので、楽しめるか緊張していましたが、
体を動かして、失敗しても笑いながらできて、とっても楽しかったです>

<何かを始めるときや、皆の前に立ってすること等、結構躊躇してしまうことが多いのですが、
ここの場は「え~い!やってしまお~う!」と思えるところで、心地よかったです!ありがとうございました>

<こんなにのびのびできても、失敗したらどうしようとか、間違ってしまったら、とかいう思考が出てくる。
少しずつ気にしなくなってきていて、うれしいです>

※最後にスタッフ・がんちゃんの感想です。
====================
「察する・委ねる」のプログラムを通じて、
“思い込みを楽しむ"という新たな感覚を得ました。
思い込みを、ミスコミュニケーションの要因として捉えることが多いのですが、
インプロにおいては、その互いの思い込みをも、楽しむ”たね”とできるのだと。
これは、なかなか体感できない感覚かもしれません。
「察する・委ねる」のプログラムは過去に幾度とありましたが、
今回の参加者おひとりおひとりのエネルギーが生み出した新感覚であり、
まさに、今この瞬間に生まれる「コト」で遊ぶインプロならではの醍醐味と思っております。
初参加の方々が、「来て良かった」とおっしゃって下さるのが、
心底からの感情であると、毎回伝わってくるのを感じながら、
そして今回もその例にもれず、心地よい時間と空間でした。
~森上雅之(がんちゃん)~
====================
※本日の遊び場BGM
IMG_0975_convert_20190731144526.jpg
「Cheek to Cheek」手嶌葵
「The Rose」手嶌葵

※「懇親会酔いどれインプロ」では、
『はぁって言うゲーム』という名の、
即興表現を楽しむカードゲームを実施しました。
おもしろかった~!また来月やりたいです!

※次回のお知らせ
8月のインプロinカフェコモンズ(第156回)は、25日(日)に開催します。


次回のテーマは、「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」。
最近私が学校現場で実施しているインプロを紹介し、
そのプログラムで、大人が思いっきり遊んでみようと思います。
どうぞお気軽に足をお運びください。

【ワークショップの時間】
13:30~18:00(13:00受付開始)

【参加費】
3000円(学生さん 2000円)
~ワークショップ参加費+スイーツ&ワンドリンク付き~
※スイーツはシェフお任せメニューです。
お飲み物は、受付時にお選びいただけます。

【定員】
30名

【ランチ】
ワークショップ前に、カフェコモンズのランチも、ご一緒しませんか?
ランチメニューは2種類です。
定食750円(しっかり食べたい人にオススメ)
軽食500円(ちょっと腹ごしらえに最適)
~メニューは、どちらもコモンズシェフの増田さんにお任せで、
時間は、12:00から13:00の間です。

【お申込先】
ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah@ezweb.ne.jp  080-6598-0878  鈴木聡之まで
当日の飛び込み参加も大歓迎ですが、
ランチのご希望は、前日夕方までにご連絡ください。

◆ワークショップ終了後には、 カフェコモンズで懇親会も行います。
 わいわいコース・1800円(ワンドリンク・食事)
 ほろ酔いコース・2200円(ツードリンク・食事)
 乾杯コース・500円(ワンドリンクのみ)
 (懇親会のお申込みは、当日、承ります)

※4月から「懇親会酔いどれインプロ」を始めました。
日が暮れた後も、飲み会の片隅で、インプロして遊んでます。

◆今後も毎月開催していきます!!
【開催日と、ワークショップのテーマ】 
8・25「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」
9・29「成り切り遊び~インプロを活かしたドラマワーク」
10・27「音で遊ぶ」
11・24「インプロパーティー2019」
12・29「妄想&架空の感情表現で遊ぶ」   

皆さんのご来場をお待ちしております。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之
運営スタッフ一同

7・28「察する・委ねる」開催します。

2019/07/12 Fri

7月の『インプロinカフェコモンズ』は、28日(日)に開催します。
(日程を、21日から、28日に再変更しました)

第155回のワークショップテーマは、
「察する・委ねる」

年2回実施し続けている、
「非言語」による即興表現を多めに組み込んだワークショップです。

相手が伝えようとしていることを「察する」
相手のアイデアに身を「委ねる」
そんなプログラムで、たっぷり遊びたいと思います。
どうぞ、お気軽に足をお運びください。

【日時】
7月28日(日)13:30~18:00

【参加費】
一般 3000円
学生 2000円
(スイーツ・ドリンク付き)
※おやつのスイーツメニューは、
カフェコモンズのシェフ増田さんにお任せです。
ドリンクは、受付時にお選びいただけます。

【ランチ】
ワークショップ前に、
カフェコモンズのランチも、ご一緒しませんか?
ランチメニューは2種類。

定食750円(しっかり食べたい人にオススメ)
軽食500円(ちょっと腹ごしらえに最適)

ランチタイムは、12:00~13:00の間。
ランチも、シェフお任せメニューです。

ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878
鈴木聡之まで

当日の飛び込み参加も大歓迎ですが、
ランチのご希望は、前日夕方までにご連絡ください。

ワークショップ終了後には、
カフェコモンズで懇親会も行います。

わいわいコース・1800円(ワンドリンク・食事)
ほろ酔いコース・2200円(ツードリンク・食事)
乾杯コース・500円(ワンドリンクのみ)
(懇親会のお申込みは、当日、承ります)

◆今後も毎月開催していきます!!
 8月25日(日)「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」
 9月29日(日)「成り切り遊び」~インブロを活かしたドラマワーク~
10月27日(日)「音で遊ぶ」
11月24日(日)「インブロパーティー2019」
12月29日(日)「妄想&架空の感情表現で遊ぶ」
 
◆コモンズ以外での、鈴木聡之のインプロスケジュールは、
インプロパークのHPをぜひご覧ください。
http://www3.plala.or.jp/impro-park/

皆様と、コモンズの即興空間で、お目にかかれることを楽しみにしています。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之(すずきさとし)
運営スタッフ一同

6月ワークショップレポート

2019/07/02 Tue

6月30日(日)に、
『インブロinカフェコモンズ』第154回を開催しました。

今回のテーマは、
「パフォーマンスゲームで遊ぶ」。
悪天候の中、参加してくださったのは、9名の皆さん、
ランチは4名、懇親会参加は3名、
スタッフは、がんちゃん、私(すぅ)の2名でした。

少人数だったので、じっくり、たっぷり、皆さんと関われて、
とても密度の濃い、楽しい時間になりました。

★今月はまず、いつも場を支えてくれている、
スタッフ・がんちゃんのふり返りから・・・
====================
常連の方々、お久しぶりの方々、はじめましての方々
カフェコモンズにて、毎回、様々な立ち位置の方々と出会いますが、
それぞれがそれぞれに大切な気づきや楽しさ、満足感を持ち帰っていかれるのをみて、
この場の存在する価値をいつも感じております。
その価値を深く見つめようとする一方で、私自身が毎回、存分に楽しんでいます。
みなさんと共に楽しめていることそのものに、
どうやら、しいて言うならコモンズのその価値が生まれる秘訣があるのやもしれません。

パフォーマンスゲーム、楽しかったですね。
最後のみなさんの振り返りの時間においても、
楽しかったその余韻を反芻するコメントが多かったような気がして、
今その瞬間瞬間を遊びきる、まさに、子どものころの夢中あそびを彷彿とさせる時間でした。
~森上雅之(がんちゃん)~
====================

★続いて、コモンズで当日配布する資料に掲載している、
いつもの、私の「今日の」自己紹介です。
今月は、令和新時代に日本じゅうを駆け抜けた、あの衝撃ニュースの話・・・
====================
映画「フラガール以来ずっと、女優・蒼井優さんの大ファンでした。
様々なジャンルの舞台や映画に出演する彼女を観に、あちこちの劇場や映画館に足を運びました。
突然報じられた結婚は大ショックでしたが、
記者会見での満面の笑顔を見て、心から祝福する気持ちになりました。
人の笑顔って、人を幸せにしますよね。
日々出かけていくインプロの「場」も、たくさんの人の笑顔を見せてくれます。
そんな「場」に出会い続けている幸せをかみしめながら、今日も「大人の遊び場」をオープンします。              
今日は久々実施の「パフォーマンスゲームで遊ぼう」。
うまくいかないことに、みんなでトライして、うまくいかないことを、みんなで笑いとばしましょう!
~鈴木聡之(すぅさん)~
====================
今日のランチ
IMG_0948_convert_20190703095711.jpg
                        定食

IMG_0949_convert_20190703095919.jpg
                        軽食

では、ワークショップのレポートをお届けします。

『 』は実施したメニュー(ゲーム名)
☆は、即興のタイトル(お題)
< >は参加者の皆さんのふり返り(アンケートの回答)
※は、ファシリテーター(すぅ)のコメントやルール説明です。

★第1部「互いの存在を認め合う」
『スケールライン』(全員で)
※コモンズの空間に、0から100までの架空の目盛を設定したうえで、
質問を投げかけます。参加者の皆さんは、その質問に対する自分の
「今日の気分」での回答を100段階で数値化し、その目盛の場所に移動することで、
「今日の自分」を表明していきます。

☆①今日のご機嫌は?
☆②今日の体調は?  
☆③真夏の暑い日は好きかどうか?

『マニアックライン』(全員で)
※『スケールライン』の目盛をそのまま活用します。参加者の一人が、
自分だったら「100」の目盛りのところに行きたくなるような「大好きなもの」「とても興味があること」
(あるいは「0」の目盛りのところに行きたくなるような「大嫌いなもの」「まったく興味がないこと」)
をみんなに伝え、その趣味嗜好・興味に賛同してくれるマニアックな仲間がいるかどうかを探します。

☆①東京オリンピック開催を歓迎する度合い(提案者はゼロ)
☆②大阪万博開催を歓迎する度合い(提案者はゼロ)
☆③駅のエスカレーターの片側通行が気になる度合い(提案者は100) 他

『同じ探し・カウントアップヴァージョン』(円陣で)
※自分に関する「ホントの話」を何か一つ語り、
参加者は、「同じ」だったら挙手します。(最初は「挙手1人」を狙います)
次に語る人は、挙手する人数が、徐々に増えていくように、話題を選んで語っていきます。

『上下左右』(2人組・交代しながら)
IMG_0950_convert_20190703100918.jpg
※2人が向かい合い、2拍子で手を動かします。
「イチ」・・両手は腿。「ニ」・・両手は親指を立てて、上下左右のどこかを指します。
2人の指した方向がたまたま一致した時は、次の「ニ」では、
あらかじめ決めておいた掛け声とポーズを2人で一緒にやるようにします。
(2人が楽しめる掛け声とポーズを決めておきます)

<シンプルだけど、おもしろかったです>

<テンションUPに良かった>

<体が元気になりますね>

『タケノコニョッキ』~『カテゴリーニョッキ』(円陣で)
※まず、掌を合わせて「タケノコ」の形を作ります。
みんなで「タケノコ、タケノコ、ニョッキッキ!」の掛け声を掛け、
それに合わせて、手を4回上から下へと動かし、一度静止します。
(静止は、ゲーム開始の合図であり、フライングを防止する意味もある)
→誰か1人が、両手を合わせて上に伸ばしながら「1ニョッキ」と言い(タケノコが生えた状態)、
「2ニョッキ」「3ニョッキ」・・・と、ひとりずつ声に出して、生えたタケノコのポーズをとっていきます。
言う順番も、声を出すリズムも決めず、ひとりひとりが自分のタイミングで生えていきます。
声や動きが他の人と重なってしまったらゲームから抜けていき、最後の一人になった人の勝利。
最後に残った2人(以上)が、重なった場合は「同点優勝」とします。

⇒ルール追加(最後に生えるのも失格)
・・・最後のひとり(5人の時は「5ニョッキ」)になってしまった人も、
声が重なった人と同様にゲームから抜けていくようにします。(積極的なチャレンジを促すルール)

⇒バリエーション(カテゴリーニョッキ)
・・・数字ではなく、特定のジャンル(カテゴリー)の「言葉」を言っていきます。
例えば「動物の名前ニョッキ」だったら、「イヌニョッキ」「ネコニョッキ」・・・というように。
声や動きが重なったり、最後の一人になってしまったりしたら抜けなければならないのは同じですが、
同じ動物の名前は重なってもOKとします。

<「ニョッキ」は、苦手ですが好きです>

◆第1部を通しての感想
<『スケールライン』から、『同じ探し」『上下左右』と、
インプロに入っていく過程が、ストレスなくて良かったです>

<『同じ探し」は、リラックスできる。他も童心に帰れるシンプルなものが多くて、
頭を使わず楽しめて良かった>

★第2部「パフォーマンスゲームで遊ぶ」(1)
『ワンヴォイスレポート』(2人組)
IMG_0953_convert_20190703101151.jpg IMG_0952_convert_20190703101741.jpg
※部屋の中に実際にあるものを、2人で、声を揃えてレポートします。
(言葉が食い違ったら言い直し)
<例>「これは・・・椅子です」「しかも・・・(椅子を触りながら、そして相手の目や唇の
動きを観て、互いのアイデアを察しながら)・・・黒いです」

『ワンヴォイスインタビュー』(2人組+インタビュアー)
IMG_0955_convert_20190703101415.jpg
※2人で1人のキャラクター(今回は「何かに秀でた達人さん)に扮して、
ワンヴォイス(2人が同じ言葉を同時に喋る)で、インタビューに答えていきます。
☆①食事の献立を考える達人
☆②天気予報の達人
☆③今、どのテレビ番組を見ればよいのかを選ぶ達人

IMG_0956_convert_20190703102028.jpg

『ワンヴォイスレポーター』(2人組)
※2人で1人の「テレビ番組の現場レポーター」に扮して、
ニュースの現場をワンヴォイスでレポートしていきます。
☆①G20(大阪サミット)

IMG_0957_convert_20190703102212.jpg
☆②ゴジラが現れた現場

IMG_0958_convert_20190703102337.jpg
☆③桜満開の上野公園

<『ワンヴォイス』がけっこう好きです。
相手をしっかり見ることとか、相手についていくこととか、
時にはリードすることとか、いろんな要素がつまっている感じです>

<『ワンヴォイス』は、1人でレポートしたりインタビューに答えるよりも、
2人で合わせながら答えるほうが、アイデアが浮かびやすいように思った。
2人だとプレッシャーが減るのかも>

<『ワンヴォイス』のお手本が良くて、楽しいと思いました。
お手本って、けっこう重要ですね。単に方法でなく、楽しさを伝えるという意味で>

<ああいう(ワンヴォイスの時のような)話し方の人を知ってて、思い出してしまいました>

<ワンヴォイス系は、もう少し長くやりたかった(5分ほど)>

『天使と悪魔』(全員で)
※全員が2列に分かれて向かい合います。
その列に挟まれた道を、1人の主人公(2つの選択肢の間で悩んでいるという設定)が、
両サイドから次々に囁きかけられる正反対の2つの声(葛藤する自らの頭の中の「天使」と「悪魔」の声)
を聞きながら、ゆっくり歩きます。主人公は道を通り抜けたら、
どちらの選択肢をとるのか、どんな投げかけに心が動いたのかを皆に表明します。 
⇒バリエーション・・上手と下手から、代わる代わる「天使」と「悪魔」が登場して主人公に語り掛けます。
☆①ケンジ(20歳)疲れ果てて電車の優先席に座っていたら、目の前に年配の方が・・・
☆②ユミ(5歳)自分が一番大切にしているお人形を、3歳の妹が欲しがっている・・・

IMG_0959_convert_20190703102606.jpg
↑☆③モリタくん(17歳)落第(留年)寸前。テスト当日、隣席の優等生の答えをカンニングしたいが・・・

IMG_0962_convert_20190703102834.jpg
↑☆④ファビアン(35歳)日本滞在中、飲みに行こうと誘われた。宗教的にはNG、でも1回くらい・・・

<悪魔の方がやりやすいので、次回は天使をやりたい>

<無責任な設定も楽しかった>

<「心の声」・・・ですかね>

★おやつタイム
IMG_0964_convert_20190703103044.jpg IMG_0963_convert_20190703100128.jpg 
                                 今日のおやつ(お飲み物は各自選べます)
※おやつや、ランチを召し上がった皆さんの感想
<ごうか!>

<今日もおいしいデザートでした>

<おやつの量が少し多かったですが、おいしかったです>

★第3部「パフォーマンスゲームで遊ぶ」(2)
★『Who game』(全員で)
※「自分が何者なのかを当てる役」を1人決め、その人が部屋の外に出ます。
その間にその人の「キャラクター」をひとつ決めたら(例えば「警察官」)当てる役の人は部屋に戻り、
自分に関わってくる他のプレイヤーの仕草をヒントにして、自分が何者なのかを想像していきます。
☆①寿司職人
☆②ドラえもん

『スーパーヒーロー』(全員で)
※1人が「悩む人」、あとのメンバーが「お悩みを解決するスーパーヒーロー」という設定。
→事前に、参加者に小さな用紙を配り、思いついた「単語」を書いてもらっておきます。
→1人が「悩み」ながら、その用紙を1枚引き、もしそこに「りんご」と書いてあったら、
スーパーヒーロー「りんごマン」を呼びます。
→「りんごマン」が登場し、りんごマンらしく、お悩みを解決しようとしますが、大抵はうまくいかなくて追い返され・・・
→次のヒーローを呼び・・・→繰り返し
→解決したら(あるいは、用紙がなくなったら未解決のまま)終了です。

※登場するスーパーヒーローは「食べ物」または「生き物」の名前がついています
(おやつタイムに配布した小さな紙に、参加者の皆さんが記入)
IMG_0965_convert_20190703103557.jpg
↑☆①お悩みは「腰痛」

IMG_0969_convert_20190703103732.jpg
↑☆②お悩みは「疲れが取れない」
~このヒーローは「カエルマン」?

IMG_0972_convert_20190703103951.jpg
↑☆③お悩みは「靴下の左足の親指のところに穴が開いてしまう」

<『スーパーヒーロー』は、いかにバカバカしくなれるかだと思った>  

<バカバカしくて、おもしろかったです>

<1つのヒーローの時間を、少し長くやりたかった>
※ヒーローと悩む人が、じっくりシーンを作るのも面白そうですね。

『パーティーエンダウメント』(全員で)
※パーティーの主役を1人決め、その人の部屋を他のプレイヤーが誕生日を祝う友人として次々に訪れます。
前に1人1人「○○っぽい人」というキャラクター設定をしておき、それっぽく振る舞います。
(例・「キリン」っぽい人・「象」っぽい人・「兎」っぽい人・・・「キリン」や「象」「兎」が友人に化けているという設定)
→主役は、訪れた友人のキャラクター設定を推測し「実はおまえ、○○だろう!帰れ!」と追い返します。
設定が的中していたら、当てられたプレイヤーは退場しますが、違っていたらそのまま友人としてシーンを続けます。
☆①としお(20歳)の誕生日~としお役は私(すぅさん)~
~訪れるのは友人に化けた動物たち(鰐・蜂・ゴキブリ・蝉・蚊・猫・パンダ・蛇)
☆②ともよ(28歳)の誕生日~ともよ役はカナコさん~
~訪れるのは友人に化けた家電製品たち
(LED電球・オーブントースター・ホットプレート・エアコン・テレビ・パソコン・ルンバ)
☆③ロジャー(40歳)の誕生日~ロジャー役はハッセー~
~訪れるのは友人に化けた食べ物or生き物たち(スーパーヒーローに成り損なったものたち)
(オニオンスライス・ペペロンチーノ・ブロッコリー・もやし・クラゲ・カワウソ・カブトムシ)

<相手は誰かを当てるゲーム性があって、面白かった>

<家電になるのは面白い。わりと共通の認識を持ちやすいのかと思いました。
食べ物や動物は、好きなものへの思い入れがある分、
それを共有するのは難しいのかも・・・と思いました> 

◆全体を通しての感想
<十分楽しんだ。インプロはバカバカしいのが楽しい。
でもやはり私はドラマを通してディスカッションするのが好きかも>

<今日はとにかく、自分がやってることよりも、
人がやってることを見るのが、面白かったです>

<人数が少ないのも有りだと思います。
何回か参加した方限定の回をやってもおもしろいかも>
※少人数には少人数の良さがありますね。
気軽に参加できる「遊び場」として開き続けていきたいので、
ワークショップは「限定」にはしたくないんです。
(午前中の稽古場は「パフォーマンスを楽しみたい方」限定でやってます)

◆今後の「インプロinカフェコモンズ」へのご要望、ご意見
<今後、できるだけ参加したいと思っています>
※ありがとうございます。遊び場、開き続けていきますので、ぜひまたいらしてください。

※本日の遊び場BGM
IMG_0947_convert_20190703100435.jpg
「恋愛小説2~若葉のころ」原田知世
「DISCOVER JAPANⅢ~the voice with manners」鈴木雅之

※今月は「パフォーマンスタイム」「懇親会テーブルインプロ」は、
実施しませんでした。

※次回のお知らせ
7月のインプロinカフェコモンズ(第155回)は、28日(日)に開催します。


※21日(日)から、28日(日)に、日程を再変更しました。
お間違えの無いよう、ご注意ください。

次回のテーマは、「察する・委ねる」。
言葉をあまり使わず、言葉に頼らない即興表現で遊んでいこうと思っています。
どうぞお気軽に足をお運びください。

【ワークショップの時間】
13:30~18:00(13:00受付開始)

【参加費】
3000円(学生さん 2000円)
~ワークショップ参加費+スイーツ&ワンドリンク付き~
※スイーツはシェフお任せメニューです。
お飲み物は、受付時にお選びいただけます。

【定員】
30名

【ランチ】
ワークショップ前に、カフェコモンズのランチも、ご一緒しませんか?
ランチメニューは2種類です。
定食750円(しっかり食べたい人にオススメ)
軽食500円(ちょっと腹ごしらえに最適)
~メニューは、どちらもコモンズシェフの増田さんにお任せで、
時間は、12:00から13:00の間です。

【お申込先】
ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah@ezweb.ne.jp  080-6598-0878  鈴木聡之まで
当日の飛び込み参加も大歓迎ですが、
ランチのご希望は、前日夕方までにご連絡ください。

◆ワークショップ終了後には、 カフェコモンズで懇親会も行います。
 わいわいコース・1800円(ワンドリンク・食事)
 ほろ酔いコース・2200円(ツードリンク・食事)
 乾杯コース・500円(ワンドリンクのみ)
 (懇親会のお申込みは、当日、承ります)

※4月から「懇親会酔いどれインプロ」を始めました。
日が暮れた後も、飲み会の片隅で、インプロして遊んでます。

◆今後も毎月開催していきます!!
【開催日と、ワークショップのテーマ】 
7・28「察する・委ねる」
8・25「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」
9・29「成り切り遊び~インプロを活かしたドラマワーク」
10・27「音で遊ぶ」
11・24「インプロパーティー2019」
12・29「妄想&架空の感情表現で遊ぶ」   

皆さんのご来場をお待ちしております。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之
運営スタッフ一同

6・30「パフォーマンスゲームで遊ぶ」開催します。

2019/06/23 Sun

6月30日(日)に、
『インプロinカフェコモンズ』(第154回) を開催します。

今月のワークショップのテーマは、
「パフォーマンスゲームで遊ぶ」

インプロのショーでよく上演される演目を、上演目的ではなく、
ゲームとして思いっきり遊んでみようと思います。
どうぞ、お気軽に足をお運びください。

【日時】
6月30日(日)13:30~18:00

【参加費】
一般 3000円
学生 2000円
(スイーツ・ドリンク付き)
※おやつのスイーツメニューは、
カフェコモンズのシェフ増田さんにお任せです。
ドリンクは、受付時にお選びいただけます。

【ランチ】
ワークショップ前に、
カフェコモンズのランチも、ご一緒しませんか?
ランチメニューは2種類。

定食750円(しっかり食べたい人にオススメ)
軽食500円(ちょっと腹ごしらえに最適)

ランチタイムは、12:00~13:00の間。
ランチも、シェフお任せメニューです。

ワークショップや、ランチのお申し込みは、
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878 
鈴木聡之まで、ご連絡ください。

当日の飛び込み参加も大歓迎ですが、
ランチのご希望は、前日夕方までにご連絡ください。

ワークショップ終了後には、
カフェコモンズで懇親会も行います。

わいわいコース・1800円(ワンドリンク・食事)
ほろ酔いコース・2200円(ツードリンク・食事)
乾杯コース・500円(ワンドリンクのみ)
(懇親会のお申込みは、当日、承ります)

◆今後も毎月開催していきます!!
 6月30日(日)「パフォーマンスゲームで遊ぶ」
 7月28日(日)「察する・委ねる」
 ※7月21日から28日に変更しました。
 8月25日(日)「子どもたちとの現場で実施している即興表現で遊ぶ」
 9月29日(日)「成り切り遊び」~インブロを活かしたドラマワーク~
10月27日(日)「音で遊ぶ」
11月24日(日)「インブロパーティー2019」
12月29日(日)「妄想&架空の感情表現で遊ぶ」
 
◆インプロinカフェコモンズのHPも更新中 
http://impro-commons.jimdo.com/

コモンズ以外での、鈴木聡之のインプロスケジュールは、
インプロパークのHPをぜひご覧ください。
http://www3.plala.or.jp/impro-park/

皆様と、コモンズの即興空間で、お目にかかれることを楽しみにしています。

インプロinカフェコモンズ事務局
すぅさん こと 鈴木聡之(すずきさとし)
運営スタッフ一同

プロフィール

インプロinカフェコモンズ

Author:インプロinカフェコモンズ
開放的で、ポジティブで
心地よいコミュニケーション
自分らしい自己表現を楽しむ
ワークショップ

≪今後の日程とワークのテーマ≫
2019年
8月25日(日)
「子どもたちとの現場で
 実施している即興表現で遊ぶ」

9月29日(日)
「成り切り遊び」
 ~インプロを活かしたドラマワーク~

10月27日(日)
「音で遊ぶ」

11月24日(日)
「インプロパーティー2019」

12月29日(日)
「妄想&架空の感情表現で遊ぶ」

【ワークショップの時間】
 13:30~18:00

【参加費】
 一般 3000円
 学生 2000円
(ワンドリンク&スイーツ付き)
※スイーツはシェフお任せ
お飲み物は、
受付時にお選びいただけます。

こちらにもぜひ ↓↓↓
・ランチタイム(12:00~13:00)
  シェフお任せメニュー
  定食750円
  軽食500円

・懇親会(ワークショップ後)
  ※値段は下記参照
 乾杯コース
   500円(1drink)
 わいわいコース
  1800円(1drink+お食事)
 ほろ酔いコース
  2200円(2drink+お食事)
   ※3杯目以降はキャッシュ

★開催場所
カフェコモンズ
http://cafe-commons.com/
〒569-0814
 大阪府高槻市富田町1-13-1
   ウエストビル5階
TEL/FAX: 072-694-3607
MAIL: info@cafe-commons.com

◇アクセス
JR京都線「摂津富田」 または
阪急京都線「富田」より徒歩2分
 大阪・梅田、京都・河原町より
 JRまたは阪急で約25分。
 JR高槻・阪急高槻市の隣駅
 (普通各駅電車のみ停車)

JR「摂津富田」駅と
阪急「富田」駅をつなぐ商店街の、
阪急の線路近く、
ドトールコーヒーや松屋の
向かい側にある、
1階にファミリーマートのある
ビルの5階です。

ファミリーマート横の路地を入って、
すぐ左にあるらせん階段を昇り、
2階から
エレベーターにお乗りください。、

※駐車場はありません。
 お車でお越しの方は、
 近隣のコインパーキングを
 ご利用ください。

◇場所が分からない場合は、
 お気軽にお店にお電話を。
 スタッフがお迎えに
 伺います!!

★定員 先着30名

★お申込みは、
鈴木聡之の携帯まで
yesandyeah@ezweb.ne.jp
080-6598-0878

ランチをご希望の方は、
お申込の際に、
定食、軽食、いずれをご希望かを、
お申し出ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR